マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ガンダルフとダンブルドアが結婚していた!
三年前のニュース?のようだが、私は知らなかった…。
いわゆるまとめサイトから引用。

「ハリポタ」ダンブルドアと「LotR」ガンダルフが結婚式――きっかけはJ・K・ローリングさんのTwitter議論

以下引用。

 「ハリー・ポッター」のダンブルドア校長と、「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ。作品を超えた、偉大な魔法使い同士の結婚式が6月7日に米カンザス州で行われました。

Equality House
@Equality_House
#WizardWedding #JKWedding Photo ops!

4:52 - 2015年6月8日
55

 ダンブルドアが同性愛者であることは、ハリー・ポッターの作者J・K・ローリングさんは2007年に明かしています。ガンダルフは原作では同性愛者との設定はありませんが、映画でガンダルフ役を演じたイアン・マッケランさんが同性愛者であることをカミングアウトしています。

 もちろん2人とも物語上の人物なので、実際には2人に扮(ふん)した地元の俳優が登場。その様子は会場となった「Equality House」のTwitterなどに投稿されています。Equality Houseは、この結婚式の主催者で、平等や環境保護に関する活動をしている非営利団体Planting Peaceが運営する施設。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の活動シンボルとして知られる「虹」色に塗られた建物です。

ah_wed1.jpg
会場となったEquality HouseのTwitterアカウント

Equality House
@Equality_House
The ceremony for the Wizard Wedding commences at 2pm CST ~ Follow along for a live feed of the event! #JKWedding

2:46 - 2015年6月8日

中略

 Planting Peaceがこの結婚式を企画したきっかけは、ローリングさんのTwitterでの議論を目にしたことだったそうです。議論が起きたのは、アイルランドで同性婚合法化が決定した(関連記事)ときのこと。ローリングさんはネットに出回っている「ダンブルドアとガンダルフがゲイでも構うものか」と書かれたコラ画像とともに、「アイルランドでは2人が結婚できる!」とTwitterに投稿しました。

 これに対して同性愛に反対するウエストボロ・バプティスト教会(米カンザス州)が「J・K・ローリングはダンブルドアとガンダルフをアイルランドで結婚させたがっている。もしそうなったらWBC(ウエストボロ・バプティスト教会)はピケを張る」とリプライ。ローリングさんは「こんな場所でこんな結婚が実現したら、そのすばらしさであなたの偏見も吹き飛ぶでしょう」と反撃します。
後略。

以前同性婚のことをこのブログに書いた事があったと思う。
私にとっては無意味な事に思える、とその時書いた。
結婚という法制度というか契約は生まれてきた子供を保護するためのものだと私が考えているからだ。
勿論それ以外に結婚の意義を認める人はいるだろう。
私には共感は出来ないが、別段批判もしない。
本人達が納得してればそれで良いとは思う。

が、これはどーなんだ?
↑で書かれているバプティスト派教会と私は何の関係もないが、色々不自然さを感じる。

私は「ハリーポッター」は読んでいないが(手には取ったが最初の数ページで読む気が失せた)、ダンブルドアは作者がゲイである事をカムアウトしているらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ役イアン・マッケランは確かに同性愛者であることを公言している。
が、映画原作含めてガンダルフという登場人物がゲイである、などとは一言も言及されていない。
作中人物であるダンブルドアに関しては作者のローリング氏が承諾というかこの結婚を推進?しているのでよいとして、ガンダルフに関してはどーなんだ?と思う。
ライセンス的な問題、それ以上に指輪ファンによる反発はあるだろう。
キャラクターのイメージを損なう、的な。
念のため書いておくがガンダルフに「ゲイ」という要素が加わる事が問題ではない。
それが「誰にでも優しく接する」とか「情に厚く涙もろい」であるとか(笑)、通常肯定的に捉えられる属性であったとしても反発はあるのではないか。
またイアン・マッケラン的にはどうだったのだろう?

トールキンのライセンス関係を管理しているトールキン財団の代表は昨年まで息子のクリストファー・トールキン氏だった。
「指輪」と「ホビット」に関しては映像化権を既に作者トールキン教授が生前売却していたため、権利を所有していないが、「シルマリルの物語」や「終わらざりし物語」に関しては権利を所有している。
クリストファーは「ロード・オブ・ザ・リング」映画にも批判的であったようで…このガンダルフの結婚式を許容できる人だとはとても思えない。
前述した二つの理由、ともに。

作中でのガンダルフに関して考えてみると…。
勿論ゲイだという記述はない(執筆時代的にもありえないだろう)。
またトールキンはキリスト教徒でもある。
しかも改宗したカトリックだ。
同性愛を受け入れるとは思えない。

ガンダルフはイスタリ(魔術師)であり、人間の姿を纏ってはいるもののマイア(キリスト教的に言えば天使)の一人。
マイアには性別はない?かもしれないが、敢えて男性の姿を纏っているという事は男性的な存在だという事だろう。
それこそLGBTの方々が一番大切にしている事ではないのか?
いかなる性別の姿で生まれようと、性は選択するものなのでは??
ガンダルフ(マイア名オローリン)は男性の姿を選択したのだが。

ローリング氏の作家としての倫理観にも疑念を抱いてしまう。
このような形で他作家(しかも世界的に有名な作品、先輩作家)の登場人物を再解釈することにためらいはなかったのか?
ローリング氏は自分の作品の登場人物をどのように再解釈しても良い、と二次創作に免罪符を与えたように感じる。

イアン・マッケランのこの件に関する感想とか調べたかったのだが、時間が無くなった。
続きがあるかどうかわからないが、今日はこれにて。

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学


羽生選手金メダル!
男子フィギュアスケート、LIVEでは見られなかったが羽生選手金メダル、宇野選手銀メダルという結果に。
やはり自国の選手が好成績残せると素直に嬉しい。
しかもIOCの発表に寄れば冬季五輪で1000個目の金メダルだそうだ。
色んな面でただ者ではない。
演技後、会場に投げ込まれたプーさんのぬいぐるみの数は300?とか報道されていた。
これは地元平昌に寄付するのだとか。

一方で将棋の羽生善治棋聖は本日藤井聡太五段に敗れたとの事。
これは藤井五段を祝福すべきだろう。
また藤井五段は優勝し、本日六段に昇段したそうだ。
つい最近五段になったばかりだと思ったんだが…。
六段昇段、棋戦優勝の最年少記録をまたもや塗り替えたのだそうな。
藤井六段もただ者じゃ無いな…。

↓みたいな動画があった(笑)。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


平昌オリンピックのノロ騒動、ついに選手に感染!
心配していたら上記のような事に…。

【平昌五輪】ノロウイルス感染広がる スイス選手2人も

以下引用。

韓国で開催中の平昌冬季五輪で、ノロウイルス感染が広がっている。16日にはスイスの2選手の感染が明らかになった。選手の感染が発覚したのは初めて。

フリースタイルスキー選手らは、ノロウイルスと診断されるとスイス選手団から隔離されたという。スイスのメディアによると、感染したのはファビアン・ベシュ選手とエリアス・アンビュール選手。

伝染性が高く嘔吐や下痢などを引き起こすノロウイルスの感染者は、これまでに200人以上に上った。

一部の感染者には発熱や頭痛、手足の痛みなどの症状がある。よく「腹のインフルエンザ」と呼ばれるのはそのためだ。

スイス五輪選手団の広報担当者はロイター通信に対して「他の選手は全員無事だ」と話した。「感染した2人を他の選手から隔離し、回復を待っている」。

広報担当者はさらに、症状はほとんど治まっているため、まだ競技に参加できる可能性があると述べた。

感染が広がった影響で、警備員約1200人が五輪会場から外され、代わりに兵士900人が任務に当たっている。

五輪競技開始に先立ち、国際オリンピック委員会のクリストフ・ドゥビ氏は、感染力が非常に強いノロウイルスがこれ以上蔓延(まんえん)しないよう、対策を実施していると話していた。

「飲食物に関しては、非常に厳重な対策を講じている」とドゥビ氏。「感染が報告されたら直ちに、全エリアを消毒している」と加えた。

昨年英ロンドンで行われた世界陸上競技選手権大会では、ホテルでノロウイルスが大流行していることを当局が発見。複数の選手が競技の棄権を余儀なくされた。


遂に選手に感染者が出たか…。
現地の上水道全てかどうかわからないが、上水を取っている井戸水が汚染されているとのニュースもあった。
もし全てだとすれば…メディア関係選手含め全てがヤバイことになる。
潜伏期間もあるわけだし。
その後各国へ帰国すれば全世界的にノロが拡散されたりしないか?とも不安になる。
大丈夫なのか??。

昨日のカーリング女子の試合は日本チームが接戦の末に勝ったそうだ。
これはまぁ、嬉しかったけど。
強風のために選手に負傷者も出ているようだが、恙なく終わって欲しい。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


女子カーリングの試合
単なる日記。
つい先ほどの事。
夕食時にテレビをつけると平昌オリンピック、女子カーリングの試合をやっていた。
日本チーム対韓国チーム。
私はウィンタースポーツ(というかスポーツ全般か?)にあまり興味は無いが、フィギュアスケートとカーリングはわりと好きでついつい見入ってしまう。
カーリングは単純なルールながら戦術性に富んだゲームで観ていて面白いのだ。
第三エンド終了して同点。
面白い試合だな…と思っていたら20:45のニュースの時間に!
おい、待て!
ニュース終了後にも中継は無いみたいで、BSに切り替えてみるがこちらもオリンピック中継はしているもののカーリングはなし><。
無念。
あとで結果を確認しよう…。
しかし日本選手半袖Tシャツみたいのでプレイしていたが寒くないのかな?
室内で競技しているのだろうが、氷の上だというのに。
腕を動かしやすいように、ってことなのだろうが。

フィギュアといえば先日こんなニュース?があった。

2018.2.12 17:25
【平昌五輪】宣伝効果抜群、フィギュア長洲未来の「太もも」 SNSに問い合わせの声続々


タイトルを読んで「なんだこりゃ?」と思った。
フィギュア団体戦の長洲選手の演技は見損ねていたのだが…。

以下引用。

 平昌冬季五輪のフィギュア団体女子フリーで、日本人を両親に持つ長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。五輪の女子で伊藤みどり、浅田真央に次ぐ史上3人目の快挙となるが、米国内ではその演技以上に長洲の「太もも」に視線が集まった。

 五輪をテレビ観戦していた視聴者が、次々にSNSに書き込んだ。

 「長洲は太ももに『USA』のタトゥー(入れ墨)をしているのか?」「内ももにあるのは青あざ? タトゥー?」「長洲の太ももに『USA』のロゴ? タトゥーだろ」…。

 演技中、長洲の右太ももの内側にちらついた「USA」の文字に関する質問が拡散された。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、この「ミステリー」の正体は「キネシオロジーテープ」。関節などを固定する従来のテーピングとは異なり、筋肉や関節、靱帯(じんたい)などを保護・サポートする目的で開発されたスポーツテープだ。
←画像有り、以下略。

…ということだったみたいだ。
画像を見ると確かに「USA」の文字が見える。

この記事を読んでもう一つびっくりしたのは、トリプルアクセルをオリンピックで成功させた女子選手がいずれも日本人、および日系人だったこと。
知らなかった。
長洲選手は勿論アメリカ国籍だが、ご両親共に元日本人のようである。
体格的、骨格的に日本人に向いているとかあるのかな?と少し思った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


「S」という名の有名カフェ
最近うちの近所に「S」で始まる有名カフェが出来た。
郊外には何軒かあるが徒歩圏内ではここが初めて。
実は私は「S」を利用した事がない。
大阪にいた頃は…まだ店舗展開がなかったよーな。
また車を使う人ではないので郊外店に行く理由というか手段がない。

先日書いた図書館のすぐ傍にあり、そこに持ち込みも出来るので繁盛しているようだ。
図書館を利用するついでにコーヒーでも…と思うのだが、いつも長蛇の列が出来ており(汗)今日まで利用した事はなかった。
「このめずらし物好きの、田舎者め!」って感じだが、勿論自分もそのうちの一人だ(汗)。
今日はたまたま行列が短く(それでも30人ぐらいは並んでいた)利用してみる事に。
5分ぐらい並んでいたが、コーヒーとサンドイッチを恙なくオーダーしていただいた。

実は「S」に関しては以前ネットで↓のような記事を読んだ事があった。

海外「腹筋が崩壊したw」 とある日本のアニメのエピソードが世界を爆笑の渦に



なので恥ずかしながら少し予習してから行ったのだった(汗)。
予習しておいて正解だったかも知れない。
アメリカの企業なのになんでイタリア語なんだよ!と少し思った(笑)。
イタリア風カフェ、が売りなんだろうけど。

ドリップコーヒー、最初の一口は濃すぎるか?って感じだったが丁度良かった。
サンドイッチも美味しい。
また機会が有れば利用させて貰おう。
行列になっていない時に…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記