マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
今日も疲れ気味(汗)
缶バッジワークショップ一日目。
朝早くから前回と同じ大荷物抱えて今日はバスで移動する。
歩ける距離じゃないから。
…まぁ、理論的に無理ではないが。

何とか天候は持ちこたえていたが、人出は少ない。
今日も近隣の他の施設でイベントをやっていたりするからだろう。
お客さんはそこそこ。

毎度の事なのだが、こういうイベントでは大概顔を合わせる知人がコーヒーを差し入れてくれる。
コーヒーショップなのである。
勿論ただで貰ってばかりという訳にはいかないからお付き合いでまたコーヒーを購入したりもする。
…こういうお付き合いで結構お金使うんだよな(汗)。
お隣はこれまた知り合いのお菓子屋さんだったし。

諸般の事情で16時迄の予定が18時までイベントを開催することになった。
…ステージイベントの芸人さんが交通事情のためまだ来ていないとかなんとかで。
私は明日の準備もあるので17時で帰ったけれど。

ここ二週間フルにお休みの日が無くて結構疲れたまっている。
火曜は休めるが…夜TRPGGMをやる予定なのにまだシナリオを詰めていない(笑)。
アイデアだけはあるが…。
火曜のお昼にでもやるしかないなぁ。

今日は疲れた
明日で春休み保育は終わり。
今日は色々あって少々疲れてしまった。
とはいえ学童は半日だが。
今度の土日のイベントの準備やら何やら。

今日は早めに休みます。
おやすみなさい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


児童の名前
たまたまなのかどうなのかわからないのだが。
昨年度学童の仕事で出会った児童の名前。
キラキラネームという程ではなかったが、現代的な?名前が多かった。
今年度の担当クラスは去年と同じ学年なのだが、使用している教室の関係で午後遅くになるともっと低学年の教室に移動して合流する。
基本一年生の使用しているクラスだ。
今日そこで名前を覚えるために名簿を見ていたのだが、ほんの2~3年しか生まれ年は違わないのに名前の傾向が異なっている事に気付いた。
兄弟もいたりするのだが、それでも名前の傾向が異なる。
どう違うかというと…どちらかというと古風な響きになっているのだ、一年生。
主に男子。

「○○すけ」という名前の子が数名。
去年の担当児童達は正直これ日本人の名前か?と思うような子も数名いた。
夏休み限定の児童だったが。

今の一年生って満六歳のはずだから2010年か2011年生まれのはず。
当時何か特別なことがあったっけ?
…東日本大震災があったな。
名付けに影響するような要素があるんだろうか?
よくわからない。

名前ではなくて名字も現在の担当クラスはなかなか賑やか…というか歴史的に有名な名字の児童が数名。
武内宿禰を思わせるような名字とか、有名テニスプレイヤーと同じとか(読みは違うが)、関ヶ原で西軍を裏切って東軍を勝利に導いた武将の名前と同じだとか、私が子供の頃に有名だった双子のマラソンランナーと同じだとか。
双子と言えば双子の兄弟もいる。
ペアルックで来てるので兄弟かな、とは思ったのだが身長が異なるので学年は違うのだろうと勝手に思っていた。
顔は似ているのだろうが、一人だけ眼鏡を掛けているので印象が異なる。

春休みなので私服で名札もつけていないし、名前を覚えるのが大変だ。
名札は私の場合はあまり役には立たないのだが(汗)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


うちの猫がニャンニャンうるさいんだが
先日の入院の退院後の話。
家に帰るとうちの猫が妙によそよそしい。
私に餌をねだったり、部屋に入りたがったりもしない。
私は日頃から動物から寄ってこない限り構い過ぎないことにしているので、まぁ別段いいか、と思っていた。
退院して数日経ったある日。
猫と突然目があった。
すると猫が私の方を見て「ニャンニヤン」鳴き始めた。
近づいて行くといきなりジャンプ。
私の肩に前肢でしがみついてきた。
後ろ肢を手で支えてやるとやがて喉を鳴らし始めた。
どうやらその時まで私が帰宅しているのに気付いていなかった模様(笑)。

今日もやたらと鳴いてだかれたがった。
普段はだかれるのを凄く嫌がるくせに。
屋外でノラ猫がケンカしている物音が聞こえてきていたが、案外巻き込まれて怖かったのかも知れない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


N社の人が書類を忘れていったのだが…
昨日のエントリーのちょっとだけ続き。
ネット契約移行に伴う工事も終わり、書類にサインを求められて控えを貰った。
作業の人はそのまま帰って行かれたのだが、見送ってから部屋に戻ると書類が一枚机の上に置かれたままだった。
私が受け取った控えの原本。
慌てて追いかけたが車をどこに停めているのやら、すでに姿はない。

よくよく書類を改めてみる。
私のサインはカーボンコピーじゃなくて自筆そのままのように見えるし、そもそもはっきりと「N社控え」と書いてあるんだよな。
電話してみようと思って書類をさらによく見ると、どうやら作業に来られた方の所属企業の名前と連絡先が。
当たり前なのかもだが、N社の人ではなくておそらく下請け企業が工事に来たようだ。
会社に電話してみたが誰も出ない。
どうしても必要な書類なら(というか必要な書類だろう。N社に報告も必要だろうし)向こうから連絡あるだろうと思って昨日はそのままにしておいた。
というか、それ以上私に出来ることがなかった。

色々考えたのだが、今日仕事に出る前に件の会社に電話してみた。
考えた、というのは…。
大事な書類を逸失して困っておられるだろうが、事業所に電話しても直接その方と話が出来るかどうかわからない。
他の方(同僚や上司)に連絡するとその工事担当者が困った立場になったりしないかと思ったから。
というか、そんなこんなで逆恨みされないか?と心配になったからである。
相手はこっちの住所氏名把握しているわけで。
考え過ぎかな~。

担当者は現場作業員さんなので、ひょっとしたら事業所にいるかも?と昼休みの時間帯に連絡した。
と、電話に出たのはやはり別の人。
担当者は別の現場に行ってらっしゃるらしい。
事情を話すとやはり必要な書類とのことで、とりに来て下さることになった。
今日仕事から帰ったら無くなっていたのでおそらく手渡っているのだろう。

まぁ、ちょっとばかり気の使いすぎかも知れないが(笑)、何が起こるかわからない世の中だからなぁ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記