マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
本日休業
なんだかFC2の投稿画面がおかしい。
というわけで休業します。
お休みなさい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


危険な遊び
数日前のこと。
男子児童が二人、床に寝そべって何かやっている。
基本教室で寝そべるのは禁止なので(昼食後だけは例外)注意するために近寄っていく。
机の影になっていて誰が何をやっているのかよく見えなかったから。

何をやっていたかというと…いつも仲の良い男子二人で「電気あんま」を掛け合っていた(汗)。
二人はケラケラ笑っていたがすぐに辞めさせた。
危険なのではないか?と思ったから。
いう間でもなくその…不能になったりしては困るから。
二人にはそこは人間の身体の急所の一つだから絶対にそんなことはしてはダメだ、と言い聞かせた。
空手の試合でも金的を狙うのは反則だ等と例を出しながら。
ピンと来てないようだったので、「おしっこでなくなったら困るだろう」とも言ってみた。
「怪我したらお腹に蛇口付けてしなければならなくなるぞ?」と言ったら「それちょっと面白いかも」だと。
そんなこんなでその場は収まった。
こういう時には他の支援員(全員女性)は何も言ってくれないんだよな~。

家に帰ってからネットで検索してみたのだが、電気あんまで不能になったとか危険であるというような記述はとりあえず発見されなかった。
そんなものなのか?
むしろ性戯の一種としての電気あんまばかりがヒットする(汗)。
う~む。

ウィキペディアによれば、比較的最近…とはいえ高度成長期ぐらいから広まった遊びであるようだ。

電気あんま←ウィキペディア。

以下抜粋引用。

この遊び(児戯)が大衆化したのはそう古いものではなく、技の命名も自然発生的なものではない。朝日放送の『探偵!ナイトスクープ』では、電気アンマに関する取材の際(登場する作品を参照)、電気アンマを知っている世代がある一定の年齢層を超えるといなくなっていることから、およそプロレスが普及したころの世代から全国的に広まった可能性があると推測しているものの、実際のところ定かではない。

名前をメジャーにしたものとしては、各種テレビメディア上での散発的使用が理由として挙げられるが、特に、永井豪の作品である『ドロロンえん魔くん』内で同名のギャグ妖怪と技が披露され、作者の知名度や使用妖怪のオチャラケ振り等と相まってお巫山戯技としての認識が定着したと見られる。

登場する作品[編集]
Gu-Guガンモ - 準主人公の佃半平太が、姉のつくねから電気あんまを仕掛けられるシーンが度々登場する。
ドロロンえん魔くん - 同名の技を持つ同名の妖怪が登場。
SEX MACHINEGUNS - 『世直し GOOD VIBRATION』という、電気あんまをテーマにした楽曲が有る。


「Gu-Guガンモ」に登場したのは確かに覚えている。
「えん魔くん」は漫画を読んでいるが覚えてないな…アニメ版のキャラクターなのかも知れない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


扇風機の羽根が逆だった(汗)
今日も暑くて(37℃超え)体力搾り取られたので手短に。

一ヶ月半ぐらい前だと思うが、仕事場で扇風機を出した。
ほぼ一年お蔵入りになっていたものなので、一応枠と羽根をはずして洗っておくことになった。
が、枠がなかなか外れない。
女性の力ではきつそうだったので私が交代して外した。
力任せにやっていいのかどうか?と思ったのだが、力任せに外して正解だったようだ。
その後洗ってきた羽根と枠を再び取り付ける。
引っ張り出しはしたものの、すぐには使う機会がなかった。
その後一週間以上経ってから使用する事になったのだが…。
なんだかあまり涼しくない。
風が直進してこず、周囲に拡散されているような印象。
羽根の向きを前後逆につけてしまったのかな?と懸念したのだが、「そんな風には付けられないだろう」と先輩。
私も組み立てる時に確認はした。
「指や細いものをを突っ込まないで下さい」みたいなシールが羽根に貼ってあるのだが、それが表から見えるように取り付けた。
間違いない…はずだ。
が、奇妙だとも感じてはいた。

私一人が早出だったときにもう一度分解して羽根の向きを変えてみたら…あらま~、風が直進するではないか!

…というわけで羽根の向きが違いました(汗)。
皆様もお気を付けて><。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


ちょっとだけ昨日の続き
今日は別の事を書こうと思っていたが、タイトル通り。

昨日書いた女子大生アルバイト、その後クビになった。
名前だけの店長(一ヶ月に数回しか現れない)の指示によって。
理由は…特にない。
私が話をし、彼女も了承して自主的な退職?という形になった。
これは私の推測だが、現場にいる三人(私と女子大生アルバイトと中卒男子)の仲が良すぎた(ように見えた)ことが理由だろう。
不正会計とか?を予防する意味があったのかも知れない。
が、多分本当のところは嫉妬だろうと思う(笑)。
男女の何とかだけでなく、その頃には他にいくつかチェーン店も出来ていたが収益挙げているのは私が管理していた店だけだった。
当たり前だ。
サラリーマンで店長やっている人の全てがそうだと思わないが、この書店グループの店長連中はことごとくサボり魔だったから。
社長の評価だけを気にして「売上右肩上がり」を維持するため「売上を抑えろ」とか、やる気あるのか?と思っていた。
お前は何のために雇われているんだ?と。
私はお前に利益をもたらすために雇われているわけではない、という思いもあった。
「はいはい」と言いながら、そんな戯言は無視した(笑)。

店のスタッフ、仲が良かったのは確かだが仕事とプライベートのけじめはつけていたし、昨日も書いたように仕事上の指導をすることも多かった。
中卒男子だけに限らず女子大生にも。
一度だけデートしたと書いたが、それはクビになった後の話。
彼女には彼氏がいるのも知っていた。
…と書くと如何にも私が彼女に気があったような感じだが、友情のようなもの、あるいは目的を同じくする同志のように感じてはいたがそれ以上ではなかった。
さして興味のないサッカー観戦に誘われて観に行ったのも、たまには若い女の子と出掛けるのもいいか!ってのと長居公園に行ったことがなかったからだった。
当時私には別に想い人がいたし(片思いだったが/笑)。
冬だったので黒レザーのトレンチを着ていったら「流石ですね」と言われたが(おそらく「マイペースですね」とか「空気読んでないですね」とかそんな意味/汗)。
要するに呆れられていた(笑)。

女子大生がクビになったことに反発したのは私よりむしろ中卒男子で…。
おそらく店長は中卒男子は「御しやすい」と踏んでいたのだろうが、このことで店長への不信感は決定的となったようだ。
私が引き抜き(と書くと格好良すぎるが)で店を辞めることになった時には「俺も辞めます!」と言っていたけれど、彼は一家の大黒柱だったので思いとどまらせた。
辞めるなら次が決まってから辞めろ、と。

今では二人とも連絡とっていないが、結婚して子供がいてもおかしくない。
どうしてるかな??

とりとめなくなってしまったが、今日はこれにて。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


毎日暑い!(汗)
今日も大汗かいて帰宅した…。

変な話題で恐縮だが、私も一応男なので(笑)夏の女性達の開放的なファッションは気になったりする。
先日夏祭りがあったが、祭りともなるとなおさら開放的?な印象。
襟ぐりの広いシャツなどで、胸の谷間が見えたりするとやはり気にはなる。
で、思い出した昔話の記録。

20年ぐらい前の話になる。
当時古書店で仕事をしていたわけだが、業績は右肩上がりでとにかく忙しかった。
開店当時から関わっていて、当初は基本私一人だけでやっていた。
その後中卒の男子アルバイトを一人(色々家庭に事情があるようで、彼が稼ぎ頭だったようだ。基本真面目で素質は悪くなかったが、当たり前だが世間知らずで何度叱ったことか/笑。でも嫌われてはいなかったと思う)、さらにその後女子大生の女の子がアルバイトで入った。
二人とも面接は私がした。
男子の方は上記の通りだったが、女子大生はアルバイト経験も豊富で接客業としては即戦力だった。
本も好きみたいだったし。
しかも美人で巨乳!(当時は巨乳なんて表現は無かったと思うが)。
…巨乳だから採用したわけではなかったが、美人だったからというのは少しはあるかもしれない。
接客業だもんね。

古書店の仕事というのは単に店番ではすまない。
大型店舗はいざ知らず、小規模店ではレジにいても買い取った書籍のクリーニングなどの仕事を地味にやる。
私が在庫チェックと棚出し商品の仕分けをしている時に事件は起こった。
ふとレジを見ると彼女が本のクリーニングをしていたのだが…。
前屈みになっていてTシャツの襟から巨乳の谷間が見事に見えていた。
Iの字型に。
…正直ちょっと見入ってしまったのだが(汗)、私に見えると言うことはお客さんにも見えると言うことで。
注意しようとも思ったが、なんと言えばいいんだ?と少し混乱した。
とかやってるうちに彼女の方が私の視線に気付いて、襟を直した。
…セクハラと思われたかな?(当時セクハラという言葉は無かったが)。
まぁ、その子とはその後も仲良くできて上記の男子と一緒に食事に行ったりとかは頻繁にあったのだが。
中卒男子にとっては私は「兄貴」で女子大生は(仕事の上では後輩だが)「姉さん」だったみたいだ。

その子と一度だけデートしたのは秘密だ(笑)。
サッカー好きな子でサッカー観戦に誘われ行ったのだが、私はサッカーはさっぱりで…。
それ以来お誘いはなかったな^^。

テーマ:日記 - ジャンル:日記