マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
初めての119
生まれて初めて?119した。
以前夜中に近所の消防警報が鳴って(酔っぱらいがいたずらでよくスイッチを押す)消防署に電話した事はあったが、今回は初めての119。

仕事帰り。
うちのごく近所でいきなり青白い光のスパークとボンッ!という爆発音!
結構大きな音だったのだが、気付いたのは通りがかった私だけだったみたいで。
私の見た位置からでは手前のビルの屋上辺りから光が発したように見えた。
あるいはその位置に見えた街灯がショートして破裂したか?と、その時は思った。
が、近づいてみるとその位置には街灯はない。
となるとそのビルの屋上か、あるいはその背後のビルか。
あるいは電線がショートしたのか?

取りあえず煙や異臭はない。
通報するかどうかかなり迷った。
が、近所でもあるし(ここはかなり重要)何事かあってからでは遅いので消防署に連絡する事に。
しかし緊急性があるかどうか…と迷ったので消防署の普通の代表番号に電話した。
ケータイに番号の登録などあるはずがないので、グーグルマップで検索して電話する。
事情を説明すると担当者が「119してくれ」と(汗)。
一応名前を訊かれる。

しょーがないので119。
再度事情を説明。
消防車をよこすので、事情説明のため現場近くにいてくれと。
…実はトイレに行きたくてしかたなかったんだが…(笑)。
家のすぐ近くだったので一度家に戻り、用を足してから現場に戻る。
多分5分ぐらいで…サイレン鳴らして消防車が来たよ(汗)。

その後特に変わった事はない。
迷惑だったか?と思わなくもなかった。
だから119するのを躊躇したのだが。
再再度事情説明し、印象としては電線のスパークだったのかもしれない、と説明。
消防車で来ていたのはオレンジの制服の人。
たしか消防のレンジャーだ。
すぐに件のビルに突入していく。
一人残った人に住所氏名電話番号生年月日を訊かれる。
報告書を作成しなければならないため、とのことだが悪戯防止の意味もあるのだろう。
で、帰って良いとのこと。
「なにもなければいいんですが」
と一声掛けて去った。
もっと時間とられるんじゃないかと思ったんだが、わりと簡単に済んだ。

自分の家の近くでなかったら、おそらく通報はしなかっただろうと思う。
新潟の火災事件とか思い出したから。
しかし緊急性のない通報で(これも素人の推測だが)消防車呼び出しては迷惑だろう。
我ながら自分勝手な事だとは思う(汗)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック