マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
アインシュタインの二億円のチップ
アインシュタインのメモが話題になっていた。

「意志あるところに…」アインシュタインから日本人へのメモ、競売で2億円近く

以下引用。

 1921年にノーベル賞を受賞した物理学者アインシュタインが翌22年に来日して東京の帝国ホテルに滞在した際、メッセージを届けに来た日本人の配達人にチップ代わりに渡した2枚の手書きメモが24日、エルサレムで競売にかけられ、手数料と合わせて156万ドル(約1億7700万円)と24万ドルで落札された。

 156万ドルで落札されたメモは帝国ホテルの便箋に「静かで節度のある生活は、絶え間ない不安に襲われながら成功を追い求めるよりも多くの喜びをもたらしてくれる」と明記。科学的な価値はないが、幸福に関するアインシュタインの考え方を示すものとして注目されている。

 もう1枚のメモには「意志あるところに道は開ける」と書かれていた。

 出品したのは配達人の親族。ドイツ語で記された2枚の手書きメモについて、アインシュタインは配達人に「あなたが幸運なら、これらの紙は通常のチップよりずっと価値があるものになるだろう」と語ったという。(共同)


アインシュタインが単なる教訓として書いたものかどうかわからないが、図らずも言葉通りになったわけだ。
約一世紀後に。

1922年って…今から95年前。
大正11年となる。
大正11年って何があった年だったっけ?と思って例によってウィキペディアを見てみたら…。
なんと!
4月に帝国ホテル全焼、とある。

1922年←ウィキペディア。

新館の一部は延焼を免れたようで、こちらにアインシュタインは宿泊したのかな?
アインシュタインの来日は同年11月だったようだ。

当時の日本のホテルでチップが一般的だったのかどうかわからないが、配達人とその子孫にとってはまさにアインシュタインの言葉通りになったわけだ。
アインシュタインの予言した重力波も最近観測されたようだし、アインシュタインの予言は当たるのか(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック