マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ゲームアプリ「ダイス&モンスターズ」レアモンスター討伐!
以前も書いた「ダイス&モンスターズ」やっとこさ残りのレアモンスター二体を倒せた(汗)。
マジックダイス使用不可、決闘場で入手可能なスキル使用不可という自己ルールの下で。
何故こんな縛りを自分に課したかというと、その方が長く楽しくゲームを楽しむ事が出来るからだ。

苦労していたのはバクとヌリカベ。
いずれのモンスターも遭遇率が低いこともあるが、定められた対戦ターンが少ないことにある。
残りHPが勝っていても、決められたターン数内に倒せないとプレイヤー側の負けになる。
ヌリカベは30ターンでHPは250。
バクに至っては3ターンでHPは60である。
このゲーム、一つのスキルで与えられる最大ダメージは…理論上は無限なのだが(何度でもダメージダイスの振り足しが出来るスキルがある。ただし特定の数字以下が出ると0ダメージとなるので結果高いダメージは出づらい)強力なスキルでもほぼ20程度が上限。
しかも高ダメージのスキルの使用はDP消費量がこれまた高く設定されている。

最初にバクに関して書くと3ターン、つまり自分の手番が3回で60ダメージ与えるなんて不可能なのではないか?と最初は思った。
毎手番に20ダメージ与える攻撃スキルを引き当てることはダイス目次第では可能だろうが、スキルを使用するためのDPをどうやって補充するのか?
一つのポイントはバクのDP獲得用スキル「大宴会」。
このスキルはこのゲーム中最大のDPを安定して獲得できるスキルのひとつだが、同じだけのDPを対戦相手にも与えるというデメリットがある。
このDPを利用しても、大ダメージ攻撃をするのは1回が限度に思えた。
なのでスキルの組み合わせを考える。
「不意打ち」というスキルがある。
対戦相手がまだノーダメージの時にのみ使用可能なスキルで、10以上のダメージを与え、さらに次の1回のターン行動不能にする。
これを自分の1ターン目に使用する、というよりしたい。
ダイス目次第だ。
また、最初のターンにこの攻撃をするにはバクに先手をとって「大宴会」を使ってもらわなければならない。
互いにダイスを振り合って大きい目を出した方が先手なのだ。
この時点でバクのHPは50以下になる。
バクは1回行動不能となるのでここで自分の2ターン目で「我慢」を使用…したい。
「我慢」は使用した次のターンでの攻撃ダメージを二倍にするスキルだ。
三回目のターンで25以上ダメージを与えることが出来るなら、勝つことが出来る。
DPがあって、ダイス目次第だが。
バクが次のターンでも「大宴会」を使用してくれればいいが、必ずしもそうではない。
大概攻撃してくる。
三回目の攻撃が可能かどうかはバク次第。
しかも25以上のダメージを与える攻撃は「無限撃」「乱れ斬り」と名付けられた前述のダメージ振り足しタイプのスキルしかない(最初にバクに遭遇した時には私はまだ「流血剣」のスキルを獲得していなかった)。
絶望的な低確率…。
と思っていた。

それでもバクに遭遇するたびに果敢に挑んではいたのだが。
で、すぐに妙なことに気付いた。
ターンのカウントの仕方がおかしい。
3回しか行動出来ないはずなのに4回目のターンがある?
実はそれまでターン数をあまり意識したことがなかった。
ターン数の短い(逃げ足の速い)モンスターは確かに存在したが、バクほど極端なモンスターはそれまでいなかったのだ。
どうやらモンスターが「行動不能」になるとターン数は進まないのだ!
バク先手:「大宴会」
私後手:華麗に「不意打ち」
バク先手:行動不能
私後手:何かのスキルを使用
ここまで残りターン3表示なのである。
先手のバクの次のダイスロールから残りターン2の表示となる。
つまり残りターンとはモンスターのスキル決定ダイスロールを振れる数を表している。
モンスターを行動不能にすれば、ターン数は消費されずに連続して行動出来る…。
これに気付いた時には目から鱗だった(汗)。
という訳で「ねばねば」というスキルを導入。
モンスターを2/3の確率で行動不能、またDPも獲得出来る優れものだ。
「我慢」も「忍耐」に変更。
次の自分のターンで行動不能となるが、さらにその次のターンの攻撃はダメージ3倍となる。
最後の攻撃はダメージが17以上あればいいのでより堅実な攻撃スキルに変更した。
少し光が見えたような気がした。
…が、それでも負け続けた。
最期の攻撃をするDPが足りなかったり、スキル選択ダイスロールで目が低かったり><。
が、一昨日の夜やっっっっと倒せた。
最後のターン、ダイスロールで6が出た時には、逆に「嘘だろ?」って感じだった(笑)。
タップし間違えないように…と慎重になってしまった。
しかし1回倒しただけではバクの保有する特殊スキルは獲得できず><。
翌日再び遭遇したので同じスキル構成で戦ってみたら、あらま何故かまた勝てた。
で、スキルも無事獲得できたのだった。

長くなったので割愛するが、ヌリカベにも苦労した><。
スキルの組み合わせをいくつも試して結局「ねばねば」と「流血剣」中心に組んだスキル構成で倒した。
「流血剣」は直接ダメージこそ低いものの、毎ターン現在HPの約1/4を出血ダメージとして与えるスキル。
高HPモンスには極めて有用なのだが、ヌリカベには「垢の壁」(何故こんな名前なのかは知らない)というスキルがあり、これを使用すると「異常防御」状態となる。
この状態だと出血や毒などのステータス異常による効果を受け付けないのだ。
なので「異常防御」状態でない隙を見計らって「流血剣」を使用しなければならないのだが…「流血剣」は使用DPも高い上、6番目のスキルスロットにしかセット出来ない。
なかなかタイミングが合わないのだった。

↓のような攻略wikiがある。

ダイス&モンスターズ 攻略Wiki

スマホ画面では文字が小さくて見づらかったので、スキルやモンスターのスキル構成を参考にさせて貰っていた。
ここにスキル構成の例として対ヌリカベ用のものがアップされている。
「時間旅行」という対人用スキルで限界ターンを3ほど延長するスキルだ。
これを使えばバクもヌリカベも比較的楽に倒せるのかも。

実はまだバクもヌリカベも強化タイプを倒していない。
スキルは変更無いがHPが若干アップしている。
通常タイプを倒すと強化タイプにも挑めるようになり、これを倒すと完全討伐、ダンジョン完全制覇とみなされる。
他のモンスは全て強化タイプも倒したが…。
バクとヌリカベは「時間旅行」使って倒すつもりだ。
流石に疲れた(笑)。

なおアンドロイドでも使用可能と以前書いたが、iOS専用だったみたいだ。
お詫びして訂正いたします。
関連記事

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック