マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ラブコメな夢(汗)
これまた曖昧な記憶だがラブコメっぽい夢を見たので記録(笑)。

夢の中の登場人物である主人公は多くの点で現実の私と共通な要素を持っているのだが、別人である。
かなりエキセントリックな人物だった。

主人公は男子大学生で(舞台も私が通った大学だった)、特定の友人もいないアウトサイダー。
講義で出席票が学生の手渡しで配られるが、それも回して貰えない。
腹を立てた主人公が後の席の人物に目をやると、余分の出席票を隠匿しようとしている。
主人公は何故自分に渡さないのか?と問い詰め、さらに出席票の隠匿をネタに脅迫して余分の出席票を取り上げる。
その時やりとりを目にしていた一人の女子学生に顔を覚えられたようだ。
学生食堂で女子学生と再会し、何故か細々とこの学食のカレーの美味しい食べ方を伝授される。
主人公は「変な奴」と思うのだが、講義や掲示板前などで何度か顔を合わすうちに話をするようになる。
言葉を交わすようになってから、彼女も主人公を「変な奴」だと思ったところから興味が湧いたことがわかる。
この頃には主人公はその女子学生が野暮ったい格好はしているが美人だと認識するようになる。
メガネはダテメガネだ。
やがて彼女から何故いつも一人でいようとするのかを主人公は問われる。
主人公が秘密を打ち明け理由を説明すると、彼女は納得しまた驚く。
主人公はその秘密を絶対に他の人には話さないように約束させる。
そうでなければ、彼の意図するところが全て無意味となってしまうからだ。

やがてもどかしい告白を経て、二人は付き合うようになるのだが彼女から身体の接触は禁じられる。
1ヶ月待て、と。
彼女には彼女の秘密があるのだ。


主人公のモデルはおそらく私本人だが、前述の通りそっくりそのまんまではない。
視点が主人公であったり、より俯瞰的だったりした。
二人の秘密は別段取り立ててどうこう言うほどのことではない(笑)。
SFやファンタジー的な要素はない。
が、二人の秘密なのでここでは書かないことにした。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック