マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
マラウイの吸血鬼事件
吸血鬼と疑われた人物が殺害されているニュース。
7人目だとか。

マラウイ吸血鬼騒動、7人目の犠牲者 国連職員も一時退避
2017年10月11日 12:09 発信地:ブランタイヤ/マラウイ


以下引用。

【10月11日 AFP】マラウイのアーサー・ピーター・ムタリカ(Arthur Peter Mutharika)大統領は10日、吸血鬼と疑われた人々が相次いで自警団員らによって殺害されている事件について、徹底的な捜査を行うと言明した。事件を受けて、国連(UN)は吸血鬼騒動が起きている地域から職員を一時的に引き揚げさせている。

 9月半ば以降、呪術の儀式の一環として人の血液を手に入れて飲もうとしたと疑われた人々が自警団によって7人殺害されている。

 吸血鬼のうわさはマラウイ南部で広まっており、当局は夜間外出禁止令を出すことを余儀なくされ、市民の外出を午前7時から午後5時に制限している。

 国連職員は標的となっていないが、吸血鬼騒動が起きている地域で働く全職員を引き揚げさせ、90キロ離れた経済の中心地ブランタイヤ(Blantyre)に一時的に「移る」よう指示した。

 人の生き血をすする吸血鬼のうわさで持ちきりになっているのはマラウイ南部の4つの地域だが、殺害事件が相次いでいるのはモザンビークとの国境に近いムランジェ(Mulanje)だ。

 警察によると、ムタリカ大統領の地元チョロ(Thyolo)で9日、怒った群衆に男性1人が殺害される事件が発生し、7人目の犠牲者となった。

 地元警察のロイド・マイダ(Lloyd Maida)報道官によると、7人目の犠牲者となった知的障害の男性は夜間に村を徘徊(はいかい)しているところを自警団に見つかり、精神的な病を抱えているふりをしていると疑われてリンチされた。

 魔術が広く信仰され、教育水準の低いマラウイでは、「吸血鬼」のうわさが定期的に持ち上がっている。

 在マラウイ米大使館は、ムランジェ周辺地域から米平和部隊(ピースコープ、Peace Corps)を一時的に引き揚げさせ、米国民に吸血鬼騒動が起きている地域を訪れないよう呼び掛けている。(c)AFP


血を飲む、というのは何らかの呪術的行為なのだろうか。
記事では「疑いがもたれた」と書かれており、吸血が事実かどうか曖昧なようだ。
中世の魔女狩りを思わせる事件だ。

アメリカの平和部隊が引き上げ、とあるけど治安維持のために滞留している部隊なのでは?と思わなくもない。
武装した活動家ではなく、集団ヒステリー状態の一般市民相手なのでうまく機能できないのかな。

ヴァンパイアというとやはり反キリスト教的存在としてのドラキュラのイメージが強いし、ヨーロッパをイメージしてしまう。
アフリカの吸血鬼…ってのはキリスト教とは関係無いのだろうな。
十字架も効き目なさそう。
そもそも仮に呪術的な意味合いがあったとしても、犠牲となったのは超常的な存在と言うより血液を飲むことを嗜好した普通の人間と考えられる。
いや、呪術的な意味があるということは既に普通の人間ではないのかな?
私が呪術に重きを置いていないから普通の人間だと思えるだけなのかも知れない。
現地の人にとっては妖怪と同義なのかも。

日本にも磯女とかの吸血鬼伝説がある。
お経に反応したりするのだろうか(汗)。

そういえば「ヴァンパイア:ザ.マスカレード」にもアフリカ起源のヴァンパイアの設定があったっけ。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
お疲れ様です。
吸血鬼といえばジョジョ1部を思い出します。血は力なり!
呪術性の強いものかと思いきや古代のロストテクノロジーの産物だったというオチでしたがw
V:tMもまたやりたいですねえ。
2017/10/13(金) 06:23:47 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
お疲れです。
ご無沙汰してましたが、またよろしく(笑)。

「ジョジョ」一部というと誤植の「何をするだぁー」とか、昨夜の勘違い?によるツェペリの認知疑惑とか色々ありますが(笑)、そういうネタ要素以外でもとても印象に残る作品でしたねー。
人知の及ばない非道な存在に主人公ジョジョが立ち向かい倒す、という少年漫画の王道をやっていた作品だったかな。
非道をおかし、人間を越えたと自負するディオの「無駄無駄無駄無駄」も印象深い。

スタンド能力の登場する三部から人間の修得するべき「倫理」や「道徳」を無視する、または乗り越え非道を行う敵役ばかりになってしまったのはちょっと残念でしたが。
「ジョジョ、俺は人間を捨てるぞ」みたいなセリフがディオにはあったと思うのですが、その覚悟が無く最初からスタンドという特殊能力を持った異能者として描かれていたので、人間味が希薄なんですよね。
だからこそ「無駄無駄無駄無駄」には価値がある(笑)。

1部、2部はRPGでプレイしても面白そうな感じです。
3部以降は…。
ガープスあたりで再現できそうな気もしますが、あまりTRPGでプレイしたくないかも(汗)。

「V:tm」はまたプレイ死体です。
あ、いやプレイしたい(笑)。
2017/10/13(金) 22:19:41 | URL | マッドハッター #-[ 編集 ]
なんか誤字だらけで
なんか誤字だらけのレスで申し訳ない。

×昨夜の勘違い?によるツェペリの認知疑惑

○作者の勘違い?によるツェペリの認知症疑惑

×スタンド能力の登場する三部から人間の修得するべき「倫理」や「道徳」を無視する、または乗り越え非道を行う敵役ばかりになってしまったのはちょっと残念でしたが。

○スタンド能力の登場する三部から人間の修得するべき「倫理」や「道徳」を無視する、またはそれを乗り越えずに非道を行う敵役ばかりになってしまったのはちょっと残念でしたが。

でした(汗)。
お詫びして修正いたします。
2017/10/15(日) 00:10:34 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック