マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
Dead or Alive
久しぶりにカニバリズム事件。

017.10.4 07:00
ロシアで繰り返される“人肉食”の惨劇 今度は30人殺害か、夫婦逮捕 背景にある旧ソ連からの「負の特性」とは…


以下引用。

ロシア南部クラスノダール地方で9月、殺人容疑で拘束された夫婦の住宅から塩漬けにされた人体や人肉の可能性がある食べかすなどが発見され、社会に衝撃を与えている。犠牲者は30人に上る可能性があり、ロシア史上最悪の人肉食事件との報道もある。ロシアでは過去数年だけでも複数の残虐な人肉食事件が発生。多くは犯人の精神的な異常が指摘されているが、このような猟奇的事件には、ロシア特有の「負の特性」が作用しているとの指摘もある。
(モスクワ 黒川信雄)

偶然の事件発覚

 クラスノダールで9月11日、道路工事現場に携帯電話が落ちているのが見つかった。そこには、バラバラに切断された遺体と男の写真が保存されていた。驚いた工事現場の作業員が警察に届け出た。事件の発覚はまったくの偶然だった。

 警察は携帯電話の持ち主の男(35)とその妻の家を捜索。家からは塩漬け状態の人肉が見つかったほか、キッチンからは人肉の可能性がある正体不明の動物の肉を食べた跡や、冷凍肉などが見つかった。現地メディアによると、夫婦の家からは血みどろのバケツや、袋詰めにされた遺体の頭部なども見つかったという。

 捜査当局によると、2人は事件発覚の数日前に知り合った女性と酒を飲んだあと口論となり、女性を殺害。その後、男が遺体をバラバラに切断し、遺体の前で自撮り。男はさらに、2012年にも別の男性を殺害していたと供述した。
以下略。

今回のニュース、カニバリズムの要因をロシアというか旧ソ連の慣習による、と結論づけている。
共産主義貧困層の悪癖というかなんというか。
北朝鮮でも同様の事件があったように思うのだが、あまり表には出てこないのかな。

勿論カニバリズムは貧困層にのみおこるわけでもない。
佐川事件なんてのもあったわけだし。
ソニー・ビーン事件とかハノーバーの吸血鬼なんて事件もある。
嗜好によるのか、貧困によるのか…。
が、社会的にそれを許容する環境、倫理とか道徳とかだが、そういう要素もあるだろう。
しかし貧困で人間を食べて良いのなら、自身がカニバリズムの対象になることも考えられるわけで。

結局の所、社会を持ってしまった人間はそこから外れると社会生活できない≓生きてはいけない、ということなんだろうけど。
社会を捨てて個人だけで生きていける人物って、今の時代にいるのかなぁ。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック