マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
ゲームアプリ「ダイス&モンスターズ」に関して
入院中にプレイしていた「ダイス&モンスターズ」の紹介感想。

スマホアプリでiOS、アンドロイドいずれでもプレイ出来るようだ。
(2017.10.15追記修正:iOSオンリーだった)
ゲームの分類としては…紹介ページではRPGとされている。
実際RPG的な楽しみ方も出来なくはないが、プレイヤーの努力にもよる(笑)。
これは後述する。
実際は次々現れるモンスターを討伐し、やっつけたモンスターからスキルを獲得してより強いキャラクターを目指すゲームである。

ゲームが開始されると、プレイヤーは自分の分身であるキャラクターを一人作成する。
とはいえプレイヤーの自由になるのは名前と性別だけである。
ステータスである、初期HP、DP、行動力、保有スキルはあらかじめ決められている。
HPはキャラクターの生命力を表し、0になると死亡、または戦闘不能とみなされ戦闘に敗北したことになる。
DPはダイスポイントの略で特定の技能を使用する際に獲得したり消費したりする。
モンスターを攻撃するスキル使用の際には大概消費することとなる。
一般的に、より大きなダメージを与えるスキル使用には大量のDPが必要となる。
行動力はダンジョンに入場する際に消費される。
リアルタイムで自然回復するが、有料の宿屋に宿泊することで回復も可能。
あまり長時間連続でゲームをするな、というデザイナーの親心か??
あるいは現在は実装されていないようだが、課金要素のひとつだったのかもしれない。

スキルとはキャラクターの特殊能力。
魔法的なものもあれば、通常の「打撃」「体当たり」といったスキルも存在する。
前述の通り攻撃スキルを使用する際には一部例外はあるもののDPを消費する。
また「なにもしない」「瞑想」などのスキルを使用する事でDPを獲得することも可能だ。
基本的にはモンスターとの対戦では最初にDPをためてから攻撃することとなる。

キャラクターもモンスターもスキルを6つまで装備可能である。
対戦時、いずれも好きな時に好きなスキルを使用出来るわけではなくて、ダイスロールに制限される。
スキルを装備するスロットには1~6までのナンバーが割り振られている。
そのナンバー毎にスキルを装備する。
スキルによっては装備するスロットナンバーが限定されている。
対戦時には自分の手順で1d6ロールをして出たダイス目以下のスロットナンバーのスキルが使用可能である。
例えば3が出た場合、1、2、3スロットに装備したスキルのみ使用可能なのである。
勿論それ以外にDPによる制限もある。
強力なスキルはスロットナンバーが5、6などに限定されているものが多く、またDP消費も多いのでなかなか使用出来ない。
かといってDP獲得のために「なにもしない」ばかり選択していたのではいつまで経っても勝てない。
というジレンマが発生することになる。
またモンスター毎に対戦ターンが限られているので、そのターン数以内に倒せなければ事実上の敗北となる。
負けても行動力消費以外のペナルティはないのだが…。

モンスターのHPを0にすれば勝利となり、G(ゴールド)を獲得またモンスターのスキルを一つランダムに獲得する。
ここでも1d6ロールでサイの目以下スロットのスキルを獲得となる。
モンスターの6スロットに装備されたスキルが欲しければ、6が出るまで何度も倒さなければならない…。

とまぁ、こういうゲームである。
獲得したスキルの組み合わせをプレイヤーは考えて、敵モンスターの弱点をついて倒す…ということになる。
モンスターのHPはキャラクターよりも多めになっているので(キャラクターのHPもボスモンスターやレアモンスター討伐で少しずつ上がっては行くのだが)初対面ではいずれも強敵だ。
そこをスキル構成とダイス目の運で切り抜けていく…のが醍醐味のゲーム。
どうしても倒せない強敵モンスターに遭遇したときには、スキル構成の見直し、またまだ獲得していないスキルの取りこぼしを確認して、一度クリアしたモンスターを再討伐に行く必要も出てくる。

グラフィックはキャラクターやモンスターのシルエットだけ、というショボイものだが元々あまりグラフィックにこだわるタチではないので楽しくプレイ出来た。
というか、変に趣味の合わないグラフィックよりずっといい。
リアルタイムアクションゲームでもないので、暇つぶしにもうってつけ(笑)。
運の要素も大きいが、思考型のゲームで「M:tg」を思わせるところもある。

ダンジョンの最終ボスはクリアしたのだが、昨日も書いたとおりレアモンスター2体がまだ討伐出来ていない。
いずれもかなり癖のあるモンスターで、一体は3ターン以内に倒さなければならない。
もう一体はHPがやたらと高い。
いずれも決められたターン内に倒せないのだ。
確率的に不可能ではないのだが…運の部分で苦労している(汗)。

実はもう一つこのゲームには要素があって…。
ダイス目を左右できるマジックダイスなるものを道具屋で購入可能なのだ。
6の目が出やすいとか、そんなインチキダイスだ(笑)。
実は私はこのマジックダイスを使用していない。
この手のゲームでダイス目を操作できるゲームを以前プレイしたことがあるのだが、実につまらなかったから。
ダイス目を操作できるという機能がゲームをつまらなくしていた、そのゲームは。
この「ダイス&モンスターズ」に当てはまるかどうかはわからないが、ここまでやってこれたのでなんとか残り二体もマジックダイス無しで勝ちたい。

また、このゲームには対戦モードもあるようだ。
リアルタイムでの対戦ではなくて、キャラクターのスキル構成をサーバーにアップしておくことで対戦が可能になっているようだ。
対戦希望のプレイヤー側からアップされたキャラクターデータに挑む形で。
これにより獲得する勝利ポイントで対戦用の特殊スキルを獲得し、もちろんこれはダンジョンでも使用出来るようだ。
だが、私はこれもまだやっていない。

おそらくマジックダイスと対戦用スキルを使用すればレアモンスターにも勝てるんだろうが…。
なんとかもう少し粘ってみよう(笑)。

ロールプレイ的な楽しみ方に関して書くのを忘れてしまった。
これもまた後日。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック