マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「銀河鉄道999」舞台化!?
なんで今さら…。

『銀河鉄道999』40周年で来年舞台化 主人公・鉄郎役に中川晃教
2017年9月9日 9時0分


以下引用。

 松本零士氏によるSF漫画の金字塔『銀河鉄道999』が1977年の連載開始から40周年を記念し『「銀河鉄道999」~GALAXY OPERA~』として舞台化されることが、明らかになった。来年6月23日から東京・明治座を皮切りに福岡、大阪と上演される。主要キャストも発表され、原作の松本氏総監修のもと主人公・星野鉄郎役に中川晃教、メーテル役にはハルカが決定した。

【写真】鉄郎役を務める中川晃教

 78年にはテレビアニメ化され、劇場版も複数製作された同シリーズ。今回の舞台化では79年公開の劇場版第1作のストーリーをもとに、鉄郎と宿敵である機械伯爵が時間城で対決するまでを、オリジナルのシーンも交えながら描く。

 機械伯爵は染谷俊之が演じるほか、リューズ役に舞台初挑戦の矢沢洋子、シャドウ役に雅原慶、トチロー役には入野自由が決定。また、クイーン・エメラルダスには宝塚歌劇団宙組六代目トップスターの凰稀かなめ、キャプテン・ハーロックには平方元基と豪華な共演陣がそろった。また、車掌はお宮の松、トチロー・鉄郎の母・プロメシュームは小野妃香里(声)、アンタレスは塚原大助がそれぞれ務める。

 「私は鉄郎と共に今も旅を続けております。 終着駅はまだまだです。舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~、とても楽しみです」と期待を寄せる松本氏。メーテル役に抜てきされたハルカについては「美しくて、おだやかで、優雅な女性です。メーテルにふさわしい女性です。きっと少年たちを力づけてくれるでしょう」と太鼓判。そして、「自分の分身である鉄郎を中川晃教さんに演じていただけることが、光栄で心から感謝しています。とてもうれしいです」と主演の中川にも全幅の信頼を置いている。

 中川は松本氏の思いを受け「鉄郎を通して、先生と心を重ねられる喜びと緊張とが入り混じった気持ちです」と気を引き締める。また「今観てもなにかが心に感じられる、そんなすてきな作品の舞台化。しっかりと命を吹き込めるよう、銀河鉄道999 に係るすべての方たちと、そしてそれを観に来てくださるお客様と、すてきな銀河の旅ができるよう、力いっぱい頑張ります」と意気込んだ。

 メーテル役に挑むハルカも「私は、松本零士先生と星野鉄郎に幾度となく勇気付けられました。 今度は私が、メーテルとして鉄郎を勇気付ける番です」と気合十分。「そしてこの舞台を通して、鉄郎と同じように孤高の旅を続けている方たちを、少しでも勇気づけられたならこんなに幸せなことはありません。 零士先生がメーテルに託した少年たちの夢をしっかりと受け継ぎ、誰よりも強く美しい女性を演じたいと思っております」と大役への決意を語っている。
以下略。

正直「なんで今更?」感で一杯一杯なんですが…。
少年の頃(笑)観て読んで、面白いと思った作品ではあるが。
だからこそ尚更なのか?

記事から推測するにどうやら映画版の一作目がイメージされているようだ。
いささか冗長な原作漫画よりも私はりんたろう監督のこの映画の方を評価しているので、これはこれで良いのだが…。
申し訳ないがキャストの方を殆ど知らない(汗)。
染谷俊之氏の名前をなんとなく覚えていたくらい。
誰かと勘違いしているかな。

「SF漫画の金字塔」などと紹介されているが、「999」ってSFかな?
松本ファンタジーワールドに無理矢理SF的要素を組み込んだような作品でむしろファンタジーよりではないか?と思ったり。
全編を通しての…SFとしての芯が通っていないというか、なんというか。
非常に情緒的な物語で作者本人のイメージ優先。
故になんでもありのご都合主義がまかり通る。
SFとかファンタジーと言うより作者本人の妄想の具現化とでもいうか。
作者の思いつきで何でも創造できる世界…。
そんな世界で作中のキャラクターに魅力を感じるのは、「漢」とか「根性」とか「母性」といったキーワードそのままを体現した行動をとるからだろう。
登場人物は記号に過ぎないのだが、その記号がおそらく作者の想像を超えて活躍し、松本ワールドに刺激を与えることが作品の魅力となっている気がする。
キャラクター、登場人物と書いたが、これにはアルカディア号や戦士の銃などのギミックも含まれる。

松本零士氏ってある意味希有なクリエーターかもしれない。

関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック