マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
EMP攻撃!
通常の核攻撃以上に怖ろしい…。

北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討
2017年9月6日(水)08時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


以下引用。

<3日午後に6度目の核実験を行った北朝鮮。アメリカ本土を射程に入れる核ミサイルの開発を本格化させるなか、北朝鮮の労働新聞は核実験の成果を報じる記事でEMP攻撃が可能だと言及した。米国が恐れるEMP攻撃とは──>

北朝鮮が3日午後、「水爆実験」に成功したと報じた朝鮮労働党の機関紙・労働新聞のニュースは次のようなことも触れていた。

「核兵器の威力を攻撃対象によって数十〜数百キロトン級に至るまで任意に調整できる我々の水素爆弾は巨大な殺傷破壊力を発揮するだけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力なEMP攻撃まで加えることのできる多機能化された核兵器だ」

さらに北朝鮮は、4日の労働新聞でもEMP攻撃について取り上げた。北朝鮮の理工系でもっとも優れた大学といわれる金策工業総合大学のキム・ソンウォン学部長による「核兵器のEMP威力」と題した解説記事を掲載。2日続けて取り上げたことで、対外的にEMP攻撃の可能性を示唆したものと見られている。


要するに攻撃目標の全ての電子機器を使用不能にすることが可能な兵器、ということらしい。
…なんかSF小説か映画でこんなのあったな。

高高度核爆発←ウィキペディア。

ネットで検索してみたのだが…。
地域限定は不可能で地球規模の災害になるとか、そーではないとか?
正直よくわからない。
人体には直接悪影響はないようだが。
が、仮に地域限定で使用出来たとして、日本が標的にされたら…。

電子機器が全て使用不可能ということなら個人レベルで考えてもパソコンやケータイ、テレビもラジオも使用不可となる。
情報が入ってこない。
自動車もおそらく使用不可。
余程古いタイプなら別だろうが…。
電車も航空機も使用出来まい。
つまり流通がストップする。

漫画家御厨さとみ氏の漫画に交通機関が使用不可能になったディストピアを描いた短編があった。
都市部ではたちまち食糧難となり、食糧を奪いあう殺しあいが描かれていた。
最後のページで主人公は涙を流しながらカニバリズムに走る。

が、EMP攻撃はもっと悲惨な結果を及ぼすかも知れない。
日本各地に存在する原発。
当然電力供給も不可能となるはずで、福島第一原発と同じことになるのでは?
冷却水が供給されなくなれば。
つまり放射線による被爆も考えられる…。

もしどこかの国がこのEMP攻撃をしたならば核抑止力を保有する各国は核報復するだろう。
というかその前提で「世界の平和」は守られているのかな。
そのためのSLBM搭載の原子力潜水艦だもんね。
つまりEMP攻撃できないわけだ。
そもそもアメリカもロシアも技術的にはEMP攻撃できるわけで。

もし全世界にこのEMP攻撃の効果が及ぶなら…人類文明はいきなり二百年ぐらい退行することになるかな?
技術者の存在する先進国、地域なら比較的復興は早そうだがそれでも今のようなインターネット環境を回復できるまでどのぐらいかかるか。
途上国は…逆にあまり変化ないのかな(汗)。
日本でも一時的に明治期ぐらいの技術レベルになるかなぁ。
TRPG「ギア・アンティーク」みたいだが(汗)。

なんだか他人事みたいに書いてしまったが、恐怖は感じている。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック