マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
昨夜のPathfinder
特に書くことを思いつかなかったので、昨夜プレイしたPathfinderのことを少し。

このキャンペーン、Eberronという背景で行っている。
マスターは友人で、私は「逃げ足が速いのが得意なクレリック」というなんだかよくわからないやつ(汗)。
何故こんなキャラクターになったかというと、能力値が低いから。
STR、DEXが低いので戦闘向けではない。
ので端から戦闘させるつもりはない。
戦闘装備としてはメインウェポンがクォータースタッフ(旅人または巡礼風)、旅人の服というドラクエの初期アイテムみたいな服の下にメイルシャツ。
サブウェポンとしてはスリング。
楯も持っていないのでアーマークラスも低い。
基本回復要員で表立っては戦闘しない。
以前一撃浴びて死にかけた(汗)。
現在は荷物持ち兼会計係?。
脚が速いので荷物を持っていても他のキャラと同程度には移動出来るので。

昨日はいきなり戦闘場面から始まった。
武装集団を避けて廃墟の探索が目的。
武装集団は避けたが、見張り?のゾンビ二体に発見されてしまう。
パーティーはドワーフ戦士、ソーサラー、ローグ+クレリックという編成。
ドワーフはがちがちの専門戦士で頼りになるが、脚が遅いという弱点もある。
ソーサラーは魔法と、遠隔弓攻撃が可能な戦士でもあるがアーマークラスが低く接近戦の楯にはなれない。
NPCローグも近接戦は可能だがアーマークラスとHPの問題があって、やはり前線向きではない。
私のキャラは↑に書いた通りで…。

ドワーフとクレリック、ソーサラーとローグでそれぞれ一体のゾンビを相手にすることに。
私のキャラはブレスとドワーフへのマジックウェポンの使用でこの戦闘中殆どやることが無くなった(汗)。
まだ2レベルなので1レベル呪文を二回までしか使えないのだ。
ただ、エネルギー放射というクレリックの能力でゾンビにダメージを与えつつ味方を回復できるのでタイミングをはかっていた。
回数制限があるので、味方が傷ついてから使用した方が効率が良い。

このゾンビ達、どうやらダメージ軽減できるらしく命中したドワーフの斧を弾き返す(汗)。
ダメージダイスが結構へたっていたこともあるが、苦戦を強いられる。
ローグのレイピアの命中ロールは20を大量生産(汗)し、命中はするのだがやはりなかなかダメージを与えられなかった。
ローグが一太刀浴びて負傷したのでここでエネルギー放射する。
いい目が出てゾンビにそれぞれダメージ。
ローグの傷も回復。
その後ドワーフが目の前のゾンビに大ダメージを浴びせる。

呪文を温存しているらしいソーサラーが火矢を作ることを思いつくが、戦闘中に火矢を準備するというのも時間が掛かりすぎるように思われた。
しかしその提案でバッグの中に聖水が入っていることを思いだした!。
バッグを渡し、ソーサラーが聖水をとり接近してローグと対戦しているゾンビに浴びせると最大ダメージが!
コイツもほぼ致命傷。
ローグがレイピアでとどめを刺した。
また、ドワーフと対戦していたゾンビもやることの無くなったクレリックが殴ったら奇跡的に命中。
さらにダメージもありとどめを刺した。
おそらく近接戦でとどめを刺したのは初めて。

近接戦に参加したのはやばそうな雰囲気を感じていたから。
近くにいた武装集団が襲ってきそうな予感があった。
予感というより推測かな。
すぐ近くで剣戟の音が聞こえてれば来るよな(汗)。
彼らはやって来た。
しかもチェーンメイルアーマーの戦士が4人!
ちょっと絶望的な気分になった。
この時点で誰も負傷していなかった(HPは上限あった)はずだが、私のキャラは戦闘中使える呪文を使い切っていた。
ブレスもマジックウェポンもゾンビを倒したラウンドで効果が切れていた。
人間の敵はHD(レベル)がわからないので、ってこともある。

新手の敵に対して話し合いを持ちかけるが、ダメー><。
問答無用で襲ってくる。
ここで呪文を温存していたソーサラーがヒュプノをかける。
前回も大活躍した呪文だ。
簡単に言えば催眠術である。
1人を退散させ、もう一人は隊長格と思しき女性兵士に攻撃命令。
チェーンメイルアーマーの兵士達は思ったほど強くはなかったようで、やがて全員倒れたがヒュプノの効果が無ければどうなっていたことか…。
隊長はクレリックがスタビライズして、一命を取り留めた。
あとで話を聞くための捕虜としてだが(汗)。

と、最後の場面で新たなクリーチャーとの遭遇があった。
パーティーはまだHP回復していない。
ソーサラーも呪文が尽きた。
クレリックも0レベルのろくな呪文しか残っていない。
1レベルの領域呪文ロングストライダーだけは温存しているが、これは脚を速くする呪文で逃走用である(笑)。

今度は話の通じる相手だといいんだが…。
関連記事

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック