マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
昨日の続きでバルーンアート
某施設から貰ったバルーンを発見したので本日仕事に持って行った。
勿論寄付のつもり。
私が使うにしても練習用だし、バルーンには耐用年数があるため。
ついでにマイポンプも持参した。
おそらく今日、バルーンアートの体験をやると思ったから。
…本日出席する児童の関係で。

予想は的中した。
やはりマイポンプで規格の適合したバルーンだと楽だ。
一回のポンピングで何センチ空気が入る、と調整してあるから。
いちいち計らなくても良い。

また基本本日持って行ったバルーンを使ったので、バルーンが割れたりすることはなかった。
前回は10本ぐらい割れて、児童によってはその音に異常に恐怖心を抱く子もいた。
責任者(この方が100均バルーンを買ってこられた)に「バルーンの品質が違うから?」と小声で聞かれたので肯定しておいた(笑)。
正直購入する前に相談して欲しかったんだが…。

バルーンが安心して使えるので、ちょっと複雑なものも作ることが出来た。
児童に参加を呼びかけると、やはり女の子が中心になって興味を示すのだが…。
一応持ち帰れるのは一人二つまで、となっている。
不公平になっては困るから。
が、興味のある子と全く興味のない子に二分されていて作りたい子はいくつでも作ってみたいようだ。
まぁ、そうなるよな。
自分で持ち帰れるだけのバルーンを作った子は、「他の子の作るのを見学してる」と言ってその場から離れたがらなかったり。
しょうがないのだが、ちょっと切ない。
今日私が追加でバルーンを持って行ったので、二個作った子も余分で+一個作って良いことにはなったんだけど。

毎日同じ児童が出席するわけでもないので何回かに分けて行っている。
一通りの希望者に行き渡れば、バルーンが余っている限りはまた機会が有るかも知れない。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック