マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
商店街の飲み会だった(汗)
以前も書いたように今私は実家の家業とは直接関係ないのだが(ちょっとした手伝いはしているが)、家族も招待されていたので行ってきた。
招待といっても有料、飲み放題食べ放題で2000円以下。
この料金だったら飲み物だけで元がとれる(セコイ)。

食べ物は十分すぎるぐらいあって最終的には残っていた。
もったいないな、と思うがどうしようもない。
個人的にはもっと食べやすいものを出して欲しい。
殻付きの海老だとか、手羽先の唐揚げとか出されても手は汚れるし食べにくい。
結局そういうものが残っている。
予算的な問題もあるんだろうが。

毎年恒例でくじ引き大会がある。
賞品は各店舗からのご厚意。
毎年ほぼ全員に某か当たるだけの賞品が準備されているのだが…。
今年は賞品が残った。
賞品数の方が参加者よりも多かったのだ。
で、司会者がもう一回最初からくじ引きを始めるという。
…おい、ちょっと待て!と思った。
入場時にチケットをもぎってその半券がくじ引きの賞品引換券になっている。
賞品を受け取ったら半券を主催者に渡す。
つまり賞品が全員に一通り行き渡っているので、半券を手元に持っている人は一人もいないのだ。
驚いたことに主催者側はそのことに気付いていなかった。
くじ引きをする直前になってそのことに気付いたようで…。
ぐだぐだになりかけたが、結局自己申告を信用すると言うことで継続された。
結果として基本ご近所ばかりなので特にトラブルはなかった。
しかしトラブルの元ではあるよな…。

母と私で参加していたのだが(姉はお世話役)当たった賞品は…。
(煎茶の)御茶っ葉・御茶っ葉(汗)・お菓子の入ったでかい四角い缶(おそらく煎餅かあられ)…という実に嬉しくない顔ぶれだったのだが、最後にビール6缶が当たった。
貰ったものにケチ付けたくはないが、ビールが一番嬉しかった(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック