マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
昨日の双六の続き
昨日書いた児童に工作でさせる双六作りの続き。

とりあえずサンプルとして一つ作ってみることに。
最近の小学生、テレビゲームなどで親しんでいるのかファンタジーゲーム用語には精通している。
RPG的な要素も考えているのでここは素直にファンタジーテーマで、とは考えていた。
スタートから初めてゴールにいる大ボスモンスターを先に倒したら勝ち、で勝利条件は問題無いだろう。
プレイヤーには上限10でHPを設定するつもりだ。
もちろん途中でイベントマスに止まればイベントが起こる。
モンスターとの戦闘やアイテムの入手、回復など。
アイテムは…最初は無しにしようかと思っていたのだが、HPの管理だけでは単調なゲームになりそうだったので要素として加えることに。
本当はプレイヤーの使用可能な魔法も取り入れたかったが、複雑になりすぎるために辞めた。

この程度までは考えていたのだが、今日は具体的にイベントの数やモンスターの種類やバランスを考えていた。
スタートからゴールまでのマス数は30マス程度で考えている。
必ず止まらなければならない中ボスマスやショートカットルートも設置するつもりだが、平均で35マス程度。
つまり一人のプレイヤーは一ゲームで10回移動のサイコロを振ることになる。
HPが0になったり(この時は一回休みとなりスタート側の一番近い回復ポイントに移動となる)で、実際にはもう少し回数は増えるだろうが。
1.5倍増しで各プレイヤーの手番は15回と考えてみる。
そのうちの半分がイベント。
ちょっと多いが、そのほうが子供は退屈しないだろう。
さらにそのイベントのうち3/4をモンスターとの遭遇と考える。
つまり約6回モンスターとの遭遇があるわけだ。
そのうちの一回は大ボスとの遭遇。
どの分岐ルートを通っても中ボスと2~3回は遭遇させるつもりなので通常モンスター(ザコ)との遭遇イベントはそれを意識して造らねばならない。
戦闘ルールはここでは書かないが、移動手順の半分では何事も起こらないのだから一手順の所用時間は平均1分ぐらいじゃないかな?
初めてやる時はもっとかかるかも知れないな(汗)。
一人プレイヤーの所用時間が15分、4人だったら1時間、で終われるぐらいのゲームにしたいんだが…。

大ボスはわかりやすくドラゴンにするつもりだ。
ドラクエとかは流石にみんな知ってるみたいなので。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック