マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
消えたベンチ
実家の店の前にいつも木製のベンチを置いている。
お客さんが休憩したり買い物の間荷物を置いたりするために設置してあるのだ。
店の前は私道で我が家の土地。
なので閉店時に邪魔にならないように重ねはするが、店舗の中に引っ込めたりはしていない。
ベンチは同じ型のものが三つあるのだが、約一ヶ月前その内の一つが行方不明になった。
店を閉めてベンチを片付けに行くまでのおそらく10~15分ぐらいの間に一つ無くなっていたのだ。
最初は「誰かに貸したのだろう」ぐらいにしか思ってなかったのだが、翌日確認してみると誰もそんなことはしていなかった。
つまり普通に考えて「盗まれた」、ということになる。
酔っぱらいがふざけて持って行ったのか?とも考えてみたが、それなら話し声などで気付きそうなもんだ。

で、現在はベンチが二つしかないわけだが今日閉店後ベンチを片付けようとしたら…二つとも無くなっていた!
…おい。
今回はおそらく10分も目を離していないはず。
誰かが閉店を見計らってやっているのか?
結構ごつい作りのベンチでそれなりに重たい。
成人男性一人で一脚運ぶのがせいぜいというシロモノ。
家の近所を捜してみると…30mほど離れた場所にあった。
わざわざうちから死角になっている場所に。
姉に電話して貸し出しの約束などしていないことを確認してから持ち帰り、シャッターの中に入れた。
少し軽はずみだったかな?と後で思いはしたが。
警察呼ぶべきだったかも知れない。
しかし商店街の内部の人間の可能性も結構あるんだよな。
だったら尚更警察呼ぶべきだったか?
うーむ。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック