マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
フォトショップで探る各国の美的価値観
元は数年前のニュースみたいだが、最近更新されたようで目に着いたニュース?。

世界の美意識はこんなに違った! 1人の女性を20カ国以上でフォトショップ加工(画像)
The Huffington Post | 執筆者: Amanda Duberman
投稿日: 2014年06月29日 13時05分 JST 更新: 2016年12月27日 10時48分 JST


以下引用。

「私をきれいにしてくださいね」

ヒューマンインタレスト(三面記事など、読者の興味をそそるようなニュースのジャンル)のリポーターであるエスター・ホーニグさんは20カ国以上40人のフォト・エディターたちにそう頼んだ。Fiverrというサービス共有サイトを通して、ホーニグさんは、自分の顔写真にフォトショップ加工を施してもらうよう世界中へ自分の顔写真を送信した。さまざまな国の文化的価値観が、「美」の基準にどのくらい影響するのかを計りたかったのだという。その結果、「完璧な女性」に対する見方の違いが浮き彫りになった。

ホーニグさんは、全ての国のエディターが、美に対して持っているそれぞれの視点を彼女の画像へ反映していることに気付き、その国の文化的価値観によって美的な好みが分かれることに驚いたという。中でも、モロッコから返送されてきた画像を最初に開いた時には「ちょっとショック」だったと、ハフィントンポストへのメールで明かした。「いかに、自分に文化的認識度が欠けているかを教えてくれましたね。確かに、イスラム教が主流の国であれば、私の画像にヒジャブ(イスラム教徒の女性が人前で髪を隠すのに用いるスカーフ)の画像を加えようと考えるのは、彼らの文化的慣習から当然のことでしょう。私にとって、美的感覚だけでなく、宗教と慣習という概念にまで触れているこの画像は、今回のプロジェクトに深みを与えてくれるものとなりました」
以下略リンク先画像有り。

元の画像の女性が顔立ちの整った方なのでどんな事になるのか?と興味深く各国エディターの画像を見せて頂いた。
シワ取り(笑)は基本として目と眉をかなりいじっている画像が多い。
ヒジャブの画像はヒジャブを完全に描いているようで写真というより絵画のような印象。
これ以外にも絵画みたいになっている画像は多いな。
インドのもそんな感じで全体にのっぺりしている。
しかも美しい鎖骨のラインを消し去っている!
完全にCGみたいにしか見えない画像が多い。
修正しすぎのような…。
ギリシャのは完全に少女漫画の主人公みたいだ(笑)。
宗教画みたいになっちゃってるのもある。
まぁ、理想化するとこうなるってことなのかな。

私がどれを気に入ったかというと…。
オリジナルの画像が一番いいような気がする。
他国の美意識を否定したいわけではなく、ちょっと不自然すぎるのだ。
まぁ、私もフォトショップ加工が上手な方ではないのだが。

時間がある時にでも同じ画像を加工してみるか??
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック