マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
絶対解けない小学4年生向けの算数の問題
昨日こんなのがニュース?になっていた。

韓国で「正解率0%」とうわさの小4算数の問題、あなたは解ける?

以下抜粋引用。

ある韓国人ユーザーがツイッターに投稿した、小学生向けの算数の問題が話題だ。「昔、算数をやった皆さん、一度解いてみてください」と呼び掛けたこのツイートはその後1万回以上リツイートされているが、正解できたという反応は見当たらず、「誰にも解けない問題」とも呼ばれているという。

「(小学)4年の娘の数学問題集」にあったというその問題は、こんな内容だ。「熊1匹が寂しく暮らしていました。餌を探しに家を出て南に10キロ行った後、方向を西に変えて10キロさらに進みました。そこから今度は北に方向を変えて10キロ行ったところ、自分の家に戻ってきていました。この熊の色は何色でしょうか」。

距離や方向の話をしていたところで突然「色」を問う問題にツイッター上では驚きの声が多く上がったようだが、同問題集によると、この問題を解くカギは「観点を変えてみること」だという。

同じく投稿された解説と回答はこうだ。
以下略。

答えは↑のリンク先にある。

以前似たような問題をやったことがあったので、私は答えがわかった。
が、これ算数や数学の問題ではない(汗)。
どちらかと言うととんちクイズというか…。

一つ思い出したのはスティーブ・ジャクソンのゲームブック「ソーサリー!」の第二巻。
舞台となるカーレの街を脱出するには4つの呪文を集めなければならないのだが、立ち寄った寺院でその一つを入手できる。
ただ謎かけに答えなければならない。
答えられなければ天秤の神リーブラへの信仰を捨て、スロッフスラング神に宗旨替えするよう求められる。
この時の謎かけがこの問題に似ているのだ。
今回このニュースを読むまで気付いてなかったが(汗)。

その時の謎かけは(本を引っ張り出してくるのが面倒なので記憶だけで書くが)概ね↓のようなもの。
「巨人が○(東西南北の方角)に何ハロン歩いて種をまいた。さらにそこから●に向かって何ハロン歩き種をまいた。今度は△に向かって何ハロン歩き種をまいた。…さて、巨人の好きな色は何だ?」
謎かけをする司祭は先の質問は冗談だと明かして改めて別の質問をする(実に簡単)。

思うにジャクソンは最初のニュースの問題を知っていたのだろう。
その上で読者を混乱させるためのブラフとしてこの問題を利用したのだ。
最初の問題の答えをあらかじめ知っていた人は、「巨人の好きな色」で混乱したはず。

今さらだが、色々考え抜かれたゲームブックだな…。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック