マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
映画「ダーク・シャドウ」を観ていた
先日、「私はテレビを余り観ない」と書いたばかりだが今日は金曜ロードショーでやっていた「ダーク・シャドウ」を観ていた(汗)。
夕食が遅くなって食事が終わる頃には21時過ぎていたのだ。
ぼんやり観ていたらどうやらヴァンパイア物映画。
主演はジョニー・デップ、監督ティム・バートンとのことで観ていたら結局最後まで観てしまった。
特別面白かった!という程ではなかったが…。
冒頭の過去語りを観てたら、「なんだこれ?殆どアン・ライスの『夜明けのヴァンパイア』じゃねーか」と思ったのも興味を惹かれた要因。
主人公自身の生い立ちはルイとレスタトを足して2で割ったようなキャラクターとして設定されていたかな。

今ウィキペディアを観てみたら、元々アメリカで1960年代に放映されたゴシック・ソープオペラなんだそうな。
ソープオペラって何だ?と思ったら日本で言う所謂「昼ドラ」のことなんだそうで。
ということは主婦向けのドラマだったのか?
「奥様は魔女」とかと同じ扱いなのかなぁ。

以下少しだけネタバレあり。

特に感想を書くほどのものではないのだが、ちょっとびっくりしたのは主人公の遠い血縁にあたる現代の少女が狼男(女?)だったこと。
前半あまり真面目に観ていなかったのでひょっとしたらそれらしい伏線あったのかもしれないが、私は気付かなかった。
唐突すぎてびっくりしてしまった。
多分、笑うべき所だったんだろうけど。

しかしこの作品も…「夜明けのヴァンパイア」の元ネタの一つになっていそうだな(汗)。
200年前にアメリカに移住してきて成功した家の息子がヴァンパイアになる、とか経緯は異なるが似ている。
舞台はニューイングランドのメイン州となっていたから、魔女が出てくるのはセイラムが意識されてるんだろうな。
当時のメイン州はマサチューセッツ州の飛び地扱いだったはずだし。
関連記事

テーマ:洋画 - ジャンル:映画


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック