マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
十数年ぶりにお裁縫(汗)
裁縫と言ってもボタン付けだが(笑)。

先日購入してきたばかりのシャツ。
バーゲンで980円とかそんな奴だが…一日着用して帰って脱ごうとしたらボタンが取れた(汗)。
なんて安普請な。
安物だったとはいえ一回で使い捨てはもったいない。
なのでボタンをつけることにする。
これとは別にやはりボタンが取れてしまってはかなくなったズボンがあったのでこれもついでにボタン付けすることにする。

裁縫箱は…どっかにあるんだろうが私は把握していない。
おそらく母のアパートにあるんだろう。
持ってきて貰うにしてもおそらく数日はかかると思えた。
母も多分どこにあるのか把握していない(笑)。
一人暮らししていた頃、携帯用のソーイングセットをいつも持ち歩いていた。
捜してみるとすぐに見つかった。
縫い針とまち針、予備のボタンと糸、ちっちゃな鋏と糸通し、安全ピンなどが名刺入れ程度の大きさに収まっている物。
厚さは5mmない。
使えそうだったが糸が無い。
なので近所の百均で白と黒の糸を購入した。
紙にぐるぐる巻き付けてある奴だ。
家に帰って改めて見てみると…糸が妙に細い。
木綿糸ではなかったようで、ポリエステル100%とある。
手縫い糸はこれだけで、他にそれらしい糸が見つからなかったんだよな。
ミシン用はあったが…。
買って来た物はしょうがないのでこれでお裁縫することに(汗)。
ちなみに私の裁縫スキルは極めて低い。
中学の時?の家庭科で習った程度。
が、ボタン付けは一人暮らしの時に何度かやっている。
というかそれ以外にこのソーイングセットを使ったことはないが。

さて、糸を針に通そう!…とする。
糸通し、どうやって使うんだったっけ??
糸通しに最初に糸を通してその次に針を通して試してみる。
…どうやらダメらしい。
糸通しの構造を考え、トポロジー的に思考を懲らす。
よし、わかった!
順番が逆だ(汗)。

とかなんとかで、なんとかかんとかボタン付け終了。
ボタンを三つつけるだけなのに、一時間近くかかってしまったが(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック