マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
隣家の犬をレ○プしようとした少年を銃撃した女性
昨日読んだニュースの中でこれが一番衝撃的だったかも知れない。

2017.05.14 21:00 writer : tinsight-suzukoellis
【海外発!Breaking News】犬を襲った少年に発砲した女 逮捕される(米)


以下引用。

一度ならず二度までも隣家の飼い犬をレイプしようとしていた少年の姿を目撃した女は、その鬼畜ぶりを許すことが出来なかったのだろう。自宅から銃を持ち出し少年を脅すつもりで発砲したのだ。

4月17日、米アーカンソー州センタートンの自宅窓から、見覚えのある14歳少年が隣家の庭にいるのをケリー・レンカード(40歳)は目にした。

レンカードの供述によると、少年はズボンを脱ぎ隣家の飼い犬をレイプしようとしていたため、自宅から防御の意味も込めて銃を持ち出したという。そして少年に近付き、地面に伏せるよう指示した。その後、少年は逃走しレンカードは警察に通報した。

庭には、パンツとシャツ姿のまま逃げた少年の脱ぎ捨てられた衣服とiPadが残されていた。警察の調べによれば、複数の隣人が発砲音を耳にし、少年が逃走する姿を目撃している。さらに庭にはレンカードが放った銃の薬きょうが発見されたため、警察は4月25日にレンカードを加重暴行罪で逮捕した。

口述書によると、レンカードは以前にもこの少年が隣人の犬をレイプするところを目撃したそうだ。鬼畜の行為を見逃せなかった故の犯行だが、このたびの逮捕で警察はレンカードから銃を没収し、銃器所持を禁ずるとともに少年への接近禁止命令を言い渡した。
(以下略。リンク先画像有り)

…。
私はどちらかというと、同性愛含めて他者の性的嗜好には寛容な方だと思うのだが…。
双方に同意があればだが。
しかし獣姦とスカトロはダメだ。
あからさまに身体に悪そうだから(汗)。
↑の獣姦に関しては相手(この場合犬だが)の同意も得られてなさそうだし、気持ち悪くなった。

私は偏執的な動物愛護主義者ではない。
おそらく少年の欲望の対象が自身のペットであったり家畜であったなら、これほどこのニュースに嫌悪感を抱かなかっただろう。
その目的のために少年が犬を飼っていたのなら。
動物虐待ではあるかもしれないが、少年の責任の上で行っているから。
これもダメというなら、食肉のための家畜も(精神的な意味での)愛玩動物もダメだろう。

ニュースの女性、銃の使用許可を取り消されるなど処罰されているようだがどうなんだろう?
彼女は隣家の財産を守るために発砲したのではないのか??
日本では動物虐待は器物破損になるんじゃ無かったっけ?
アメリカではもっと罰則重そうだけど。
少年が他者の財産(しかも生物)を毀損してまで自分の欲望を満たそうとしたことに強く嫌悪感を感じる。
しかもその動機が私には全く共感出来ない上に嫌悪する行為ときている。
うーむ。

ニュースページの関連リンクがタイトルだけ見ても気持ち悪い。
読んではいないが…。

そーいえば、数日前の中国拳法のニュース。
Youtubeに試合の動画があったのでリンクしておいたのだが、リンク切れになってるな。
やっぱ中国武術協会的にまずいのか?
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック