マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
中国武術、西洋格闘技に敗れる
こんなのがニュース?になっていた。

西洋格闘技に20秒で惨敗した中国伝統武術の現実
「伝統武術はどれも詐欺だ」…勝者の挑発、真の意味は
北村 豊
2017年5月12日(金)


以下抜粋引用。

 4月27日に四川省“成都市”のある“武館(武術道場)”で“格闘狂人”こと“徐暁冬”と“太極大師”こと“雷雷”の“約架(決闘)”試合が公開で行われた。38歳の徐暁冬は中国伝統の格闘技“散打(さんだ)”出身で、自称「中国総合格闘技(MMA:Mixed Marshal Art)の第一人者」。これに対して雷雷は、公称42歳、本名は“魏雷”、“陳家太極拳”と共に太極拳の双璧をなす“楊氏太極拳”の継承者であると自称し、自ら興した流派“雷公太極拳”の創始者である。2人の対決は、太極拳を含む中国伝統武術と西洋格闘技の雌雄を決する一大イベントとして注目を集めた。

 成都市は雷雷の居住地で、北京市を本拠とする徐暁冬は飛行機で成都入りした。半ズボンにサンダル履きで試合会場入りした徐暁冬は、黒色で両肩に赤色を配した半袖シャツと黒色の半ズボンに着替え、赤色の運動靴を履いて入場した。一方の雷雷は、白色の“太極拳服”に黒色の“太極褲(パンツ)”を履き、伝統的な格式を備えている風情を漂わせ、右手の掌で2個の胡桃(くるみ)を擦り合わせながら威風堂々と入場した。入場した雷雷は用意した“功夫茶(中国茶道)”のお茶を決まり通りの小さな茶碗で飲み、自分が太極拳の達人であるということを所作で示そうと懸命の演出を試みていた。

 2人が入場すると、司会者が両者の名前を呼び上げて2人を観客たちに紹介し、それに続いてレフリーが紹介された。レフリーは2人を呼んでルールを説明し、それが終わると2人は握手を交わした後に離れて対峙し、レフリーの試合開始の合図を待った。会場には格闘技の試合で使われる常設のロープを張ったリングはあったが、太極拳に敬意を表した徐暁冬が譲歩してリングを使わず、リング横に格子柄のマットを敷いた床が試合場となった。

最初のジャブから血まみれKOまで、わずか10秒
以下略。

実は元ニュース、凄く長い。
単なる異種格闘技試合の結果を伝えたレポートではないから。
興味のある方はリンク先を読んで頂ければいいのだが、簡単に要約してみると…。

徐暁冬は「太極拳を始めとする伝統武術はどれも詐欺だ」とし“武術打假(武術の偽物を撲滅する)”と、中国の伝統武術に対し宣戦布告を行っていた。
武術家達はこれに反発、この度の試合となった。
が、徐暁冬の圧勝。
負けた雷雷は中国の公共放送で放送された「体験真功夫」という番組に中国武術の第一人者の一人としてゲスト出演していた。
その番組内で手を触れただけでスイカを割らずに中の果肉をぐちゃぐちゃにする、飛び立とうとする鳩から飛ぶ力を奪う、などの秘技を披露していた。
徐暁冬がこの試合後「体験真功夫」の記者に連絡を取ると、スイカや鳩がトリックであることを認めた。
この後、ネットを通じて3人の武術家を指名すると同時に武術の各流派に対して公開の挑戦状を送り付けた。
3人の武術家達も承諾。
これに慌てたのは国家認定の非営利組織「中国武術協会」だった。
このような決闘は武徳にもとると声明を出した。

(ここからがこの記事の主題だと思うが…。)

決闘を禁止した中国武術協会の役員の多くは少林寺に縁故のある者達。
いずれも高段者ばかり。
現在の少林寺住職の釈永信は少林寺を金儲けの道具として利用し、数々の企業を設立して商業化。
集めた金で中央権力に接近し、現在では全人代の代表でもある。
職権乱用や派手な女性関係でも有名な破戒僧。
徐暁冬の最終的な目的は中国武術協会を牛耳る役員達なのではないか?と記者は推測している。

中国武術の歴史は古いが、中国共産党が政権を握った1949年以後事実上消滅した。
一部の武術家達は反動的であるとして銃殺さえされた。
古来武術が尊んできた内面の修養を失い、見せかけだけの武術となり偽の武術家が闊歩している現状を徐暁冬は憂いて改革しようとしているのかも知れない。
あるいは彼自身の道場の宣伝のためにメディアを利用しているのか?

もっと短くまとめるつもりだったが長くなってしまった(汗)。
まぁ要するに現代の中国武術界は政財界と結びつくことで腐敗している、ということなのだろう。
徐暁冬の真の意図はどうあれ。
この記者の推測が正しければ、協会は徐暁冬との決闘をなんとしてでも辞めさせるんだろうな。

私の中国拳法に関する知識は…フィクションからのものがほとんど(汗)。
映画や漫画や小説から。
ブルース・リーやジャッキー・チェンの映画は人並みに好きだった。
漫画だとやはり「北斗の拳」とか「魁!男塾」とか(笑)。
あとは夢枕獏の小説?
フィクションでは中国拳法の神秘性がとても強調されて描かれる。
漫画では特に顕著だ。
古来から伝わる歴史あるものだから、読み手もそのように期待してしまうのだろう。

格闘ゲームが一世を風靡した頃、TRPGガープスのサプリメントにマーシャルアーツを扱ったものがあったな、そういえば。
ゲーム世界のリアリティに応じてオプションルールがついてたっけ。
各種格闘技がデータ化されていたが、超能力的な伝説の力を備えていたのはやはり中国拳法が多かったような。
今度本棚から掘り出して読み直してみよう。

追記2017.05.15 動画をリンク。

関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
中国拳法は映画「少林寺」では圧政と戦う武闘宗教集団として描かれてましたが、けっきょく李世民に助力していく流れになるので、時の権力者との付き合い方次第なのかな〜って感じでした(笑)武術としてはさいきんはシステマとかにも興味があります。

AD&Dのモンクとかガープスマーシャルアーツとか、ゲームにおける武道のファンタジー性も伝統ありますね〜〜
2017/05/14(日) 08:24:06 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
確かに、日本の戦国時代の僧兵とかも似たところあるかもしれませんね。
「○○寺に陣を構えた」とか学校の授業で習って、なんでお寺に軍隊が陣を張るのだ?と当時不思議でした(笑)。

> AD&Dのモンクとかガープスマーシャルアーツとか、ゲームにおける武道のファンタジー性も伝統ありますね〜〜

そこをきちんと背景と交えてルール化したのが「シャドウラン」のフィジカルアデプトかもしれないですね。

モンクもですが、中世では寺社の独立を守るための軍事力が必要だったんでしょうね~。
2017/05/14(日) 21:41:09 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック