マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
TRPGAFF2記録 ビリタンティからカーレへ03
TRPGAFF2記録 ビリタンティからカーレへ02の続き。

夕方ビリタンティを発つ一行。
街を出るまでは住人達からの怒号を受け、剣呑な雰囲気だったが街を出てからは特にトラブルもない。
二時間後にはトレパーニの街に到着する。
ここはスヴィン族の村。
あらかじめダンから説明を受けていたが、所謂マンオーク達の村で外見は凶暴だがメンタリティは人間に近いとのこと。
トラブルを起こさないようにと念を押されていた。
日が暮れようとしているが、ダンとダネシャンはそのまま街を通り過ぎていく。
ここでは宿泊せず、今晩中にカーレまで行き着くつもりらしい。

さらに3時間ほど進むと丘陵はくだりとなりジャバジ河が見えてくる。
シャムタンティとバクランドを分ける川だ。
その中州に目的地のカーレはあった。
カーレの街と門までおよそ100メートルほどになったとき、街道沿いの林の中からダネシャンを呼ばわる大きな声が。
林の中から現れたのは身長6mほどの巨人であった。
巨人はおそらく巨人語でなにやら喋っている。
ダネシャンは「いや、それは…」と歯切れの悪い返答。
やがて巨人が何かを思いついたように自分の頭をポンッと叩いて、腰につけたずた袋から緑色の毛の塊を取り出す。
巨人用の緑のカツラだ。
「おらまだ報酬もらってねぇで、受け取りに来た。おらのばあさまの形見の金の指輪をわたしてくれ」(緑のカツラはソーサリーの触媒で他種族や動物との会話に必要。「ファイティングファンタジーRPG」のシナリオではやはり通訳のための魔法のアイテムとしても登場した)。
どうやらダネシャンがクリスタルの滝のクリスタルを採取する際に利用した巨人のようだ。
報酬としてダネシャンが偶然発見した彼の大事な指輪を与える約束になっていた。
(ダネシャンとダンのひそひそ話によれば、指輪はダネシャンが巨人から盗んだ物であるらしい)。
ダンは三人に自分とダネシャンを守るように命じた上で、おろおろしているダネシャンに代わって答える。
「事情があって現在指輪はダネシャンの元にはない。…指輪は護衛の報酬として彼らに渡された」。
ダンとダネシャンは三人を指さし、カーレの門へ向かって一目散に走り始める。
巨人は咆哮を揚げ三人に向かって突進してくる。
巨人の声に反応したのか、林から二匹の熊も飛び出してきた。
黒熊とやや白っぽい熊が。
「おらの兄弟達だ!」と巨人。
巨人と熊を迎え撃つ三人とルフラン。
トロール戦と異なり、カイラースの「JIG」やエダンの「滑り」はことごとく抵抗され苦しい戦いとなる。

最初に巨人が倒れた(タルガスが上手く幸運点を使用していた)。
2vs1の戦闘に持ち込み黒熊もタルガスが倒す。
カイラースは「ZAP」を唱えるも投射に失敗。
体力を喪失したカイラースは体力回復薬1/2を飲んで再度「ZAP」。
白熊は倒れた。

巨人の荷物を改めると15gpの金貨を持っていた。
またカイラースはソーサリーの触媒として巨人の歯を入手した。
巨人用の緑のカツラも持って行くことにする。
また熊の一匹は首輪にメダリオンをつけていた。
最後にタルガスが熊を解体し、食糧と毛皮を得た。

エダンから治療を受けた後、これからどうするか?という話になるがルフランは当然カーレを目指すという。
タルガスもあの二人は許せない、とカーレへ向かうつもり満々である。
エダン、カイラースもカーレへ行ってみる事になった。


と言うわけで「シャムタンティの丘」終了。
プレイヤーの皆さんお疲れ様でした。
巨人の指輪がもともとアイデアの元で、実は最初のシンドラ洞窟のシナリオで登場させる予定だったのだが…。
プレイヤー達が気付かなかったので(汗)、こんなシナリオに書き換えてみた。

最後の戦闘に関して。
やはり魔法抵抗されると技術点9ほどのモンスターでも苦戦するようだ。
体力に差はあるが巨人も熊も技術点は9だったのだ。
ただ巨人は防具を身につけておらず、ダメージ軽減が出来ない。
なので熊より先に倒されてしまった。
なむ~。
熊はおそらく皮が防具替わりなのだろう。

PC達はダネシャンとダンから報酬30gpも受け取っていないので、カーレで彼らを捜すことになるのだろう。
ルフランは勿論父親フランカーを捜すことになる。
ゲームブック「ソーサリー!」から約15年後ぐらいの出来事として考えているのだがその設定で良かったかなぁ。
カーレは入るよりも出ていくのが大変な街なので(汗)、今後PCがどうなるか?
楽しみである^^。
関連記事

コメント
お疲れ様でした〜&ありがとうございました。
【妖術】は触媒さえあれば手軽に全魔法が使えますが、いっぽう【魔道】みたいに相手の技術点だめしを弱体化させるようなメソッドがまったくないので、このあたりプリミティブな呪術と高度に理論化・安全化された魔法との違いが見えて面白いですね。
カーレの冒険も楽しみです!またいつか期待しております\(^o^)/
2017/05/10(水) 04:03:56 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
お疲れでした&ありがとうございました。

妖術(ソーサリー)と魔道に関しては仰る通りですね。
ルールとしては妖術の方が扱いやすいですが限界もあり…。
ゲームブックのルールとして妖術はこれが限界だったのかも知れませんが。
そこを単純に思わせないのがジャクソンの腕のさえでしょうか。

翼氏がd20FFシリーズサプリ買われたようです。
「死の罠の地下迷宮」とかそのうちプレイ出来るかも?(あまりやりたくないような/笑。誘って貰えれば勿論やりますが)。
2017/05/10(水) 22:47:57 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
先日はお忙しい中ありがとうございました。

「美化」「自白」「点滴」等々の初級魔法のうさん臭さが好きなんですが、常に意識してないと使いどころが難しいですね。
次からはもっと虎視眈々でタイミングを狙います(笑)

私ゲームブックの方ではいまだにカーレを出られてません。同一ルートで呪文四つを揃えるのが至難のわざで…あそこに比べたらシャムタンティ丘陵でも楽園だなと思ったりしてました。
2017/05/12(金) 04:29:37 | URL | eHolly #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
先日はお疲れ様でした。
遅くまでお付き合い頂きありがとうございました。

> 「美化」「自白」「点滴」等々の初級魔法のうさん臭さが好きなんですが、常に意識してないと使いどころが難しいですね。
> 次からはもっと虎視眈々でタイミングを狙います(笑)

いずれもダンジョンよりシティアドベンチャー向けの初級魔法ですよね。
点滴があれば飲み薬作れますし、自白剤とかカーレでは需要あるかも(笑)。

> 私ゲームブックの方ではいまだにカーレを出られてません。同一ルートで呪文四つを揃えるのが至難のわざで…あそこに比べたらシャムタンティ丘陵でも楽園だなと思ったりしてました。

シャムタンティの大ボスは妖術呪文の選択さえ正しければわりと楽勝できますからねぇ。
4つの呪文ルートだけは偶然にもすぐにわかったんですが、カーレは力押しできないやらしい罠が沢山で(汗)、いきなり首切られたり炎に焼かれたりで何度死んだことやら。

TRPGでプレイする時はこの罠の扱いをどうしようかと少し悩んでいます。
何度もプレイすることが前提のGBとは違いますからねぇ…。
2017/05/12(金) 18:08:20 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
確かにカーレほどあの手のまじないが役立ちそうな場所もなさそうですね。ちょっと他人に気を許そうものならどんな目に合うか分からないところだし…。

>4つの呪文ルート
何周もしているうちに4つとも分かることは分かったんですが、いつも全部集めきる前にゲームオーバーに(汗)
難しいもので、無難な選択ばかりしてると街をほぼ素通りして入手機会を逃してしまう印象でした。
やはり主人公たる者、積極的に冒険に絡まなければだめという事なんでしょうか(笑)

それでは次のカーレパートも楽しみにしております!
2017/05/14(日) 02:42:28 | URL | eHolly #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
そうなんですよね。
呪文ルートがわかってもゲームオーバーになってしまうのがカーレの怖ろしいところでして(汗)。

三つ目の呪文入手も殆ど運だのみみたいなところありますし。
そして危険な街の住人達(汗)。
赤○に何度やられた事やら。

あそこまで殺伐とした街とするつもりは無いですが、続きが出来ればその時はよろしくお願いします!
2017/05/14(日) 21:32:51 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック