マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
缶バッジワークショップで少し疲れた…
某所で缶バッジワークショップをやっていたのだが、少し疲れた(汗)。
参加者に波があって…忙しい時は忙しいが、暇な時は誰も来ない(笑)。

準備不足とは思わないが、色々想定外のこともあった。
モバイルプリンターによる画像をメールで頂いてからの印刷は上手くいったが…。
その場で普通に写真プリントの依頼も。
というわけで、帰ってから「写真印刷します!」のポップを作っていたりしたのだった。

↑は前振りでここからが本番なのだが…。
美少女っているんだなぁ、と思った。
こんな地方でも。

何度かブース前を通りすぎていて気になる様子。
女の子だ。
少し歳の離れた弟さんを連れて再度やって来た。
弟さんをダシにして自分がバッジ作りたかったんだと思う。
中学生ぐらいだと思うのだが(私の勘では中一)身長はおそらく165以上はある。
年齢相応に胸はぺったんこだったが(汗)、化粧っ気もないのに整った顔立ち。
胸はともかく脚は長くて「こりゃ数年したらもてるだろうな」と思った。
脚の筋肉の付き方からしておそらくスポーツをやっているだろう。

こちらが用意していたテーブルで、絵を描いていた。
絵を自分で描く子は案外少ない。
未就学の怖い者知らずの子供か、ある程度絵が描ける人自信がある人に限られる。
それ以外の人は、こちらで用意したシールを使用する事が大半だ。
テーブル…高さ90cmぐらいでその女の子にはあからさまに低い。
ミニでは無かったが膝丈ぐらいのスカート。
しゃがんで描いていたので椅子をお貸しした。
見ていられなくなったので(なにか特別なものが見えたわけではないが/汗)。

ゲームか漫画アニメのキャラクターだったのだろうか。
可愛く描けていた。
おそらくディフォルメしている。
写真を撮らせて貰ったら良かったな~。
彼女じゃなくて、バッジの写真を(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック