マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
TRPGAFF2記録 ビリタンティ02
TRPGAFF2記録 ビリタンティ01の続き。

実父フランカーを捜して旅をする少女。
名前はルフランだそうだ(英語の「リフレイン」の意味で名前としては変なのだが響きだけで採用してしまった)。
彼女は物心ついた頃から母とともにビリタンティ郊外の伯父の農場で仕事をしていた。
母からは、父親は亡くなったがマンパンの魔王を倒した英雄を助けた偉大な剣士だと聞かされていた.。
ごく最近母親が病で他界。
葬儀の後、ルフランは実父フランカーのことを伯父から聞くことになる。
カーレに存命中で剣士ではあるがシャムタンティで無法を働いていた人物だと。
母親から聞いていた話とのギャップにショックを受けた彼女はフランカーを捜し、真実を見極めてみることにした。
旅支度をして数日前に旅立ったが、路銀はカーレまでギリギリ。
グランドラゴルよりやはりビリタンティ近辺を荒らし回った野盗であると聞き気落ちしている。
カーレに在住しているのは確かなようだが手がかりはつかめず、藁にもすがる思いで消息を占いに頼ったのだそうだ。
占いではカーレのスラング神礼拝所の司祭、トルバインに会うように奨められた。
一通りの話を終え、ルフランは酒場を去っていった。
三人も宿に戻った。

翌朝。
朝食後リーブラの神殿「公正の館」を訪ねてみることにした3人。
朝のまだ早い時間。
宿屋裏のこぢんまりした神殿に着くと、僧服を着た数人の人物が扉から出てくる。
先頭の女性は白い袖無しローブを身につけているが、他の人物は灰色のローブを纏っている。
先頭の女性は金髪でおそらく20代前半、凛とした表情の美形である。
いきなり「俺の嫁になってくれないか?」とタルガス。
唐突な申し出にどよめく灰色ローブの侍祭達。
白ローブの司祭は他の者を押しとどめ、
「私は信仰の道に入った時から結婚はしない誓約を立てている」。
と、タルガスに答える。
「しかし子供は産めるだろう?」
とタルガス。
「初めてお会いする貴方と何故結婚せねばならないのか?相互の価値観も理解し合えていないのに」
と司祭。
カイラースとエダンが割って入りとりあえず二時間後、托鉢が終わった後に神殿で話を聞いて貰える事になる。

教会の傍に「ロングボウ商店」を発見した三人は立ち寄ってみることに。
ダンパスの村で出会った兄弟と縁故のある店だろう。
店は閉まっているように見えたが、呼ばわっていると老齢の男性、ハレク・ロングボウが現れた。
商売は息子達に譲って現在は隠居の身。
ただ、留守を預かって質屋みたいなことはしているそうだ。
兄弟の話になり、またエダンが譲って貰った杖を見てハレクは三人の話を信用する。
宝石二粒を見せ、査定して貰うと二つで36gp。
本来はもっと手数料を貰うらしいが特別サービスだそうだ(2つで40gpが本来の価値。つまり一割の手数料)。
また商品を見せて貰う事になった。
いずれも相場以上の値が付いている。
蜜蝋、膠の瓶、宝石のちりばめられた黄金の腕輪、鼻栓…(攻撃力が+1される)長剣もある。
長剣は300gpで流石に手が出ない。
ソーサリーの触媒にカイラースが興味を惹かれるが、「おっとこいつは質草で預かっている奴だった」と黄金の腕輪を引っ込めるハレク。
カイラースは値切って鼻栓を購入しようとする。
と、元々そのつもりだったのかハレクは蜜蝋を一つサービスしてくれた。
ハレク「また息子達と出会うことがあれば懇意に。貴方たちの幸運を願っている」と別れを告げる。

二時間近く経っていたのでリーブラの「公正の館」へ。
祭司長ロラナ(白衣の人物)の執務室に通される。
契約書を見せられた彼女はダネシャンがどんな人物であれ、契約は守られるべきでしょう、と告げる。
拘留中のダネシャンと面会できる手はずを整えて貰う事になった。
そもそもダンにはビリタンティに到着したらすぐにダネシャンに会うように言われていたのだ。
価値観相違に関して悩んでいた(?)タルガスだが、「これで二度目だな(初対面ではない、という意味/笑)」との言葉を残し神殿を後にした。


…まぁだいたい↑のような感じでプレイは進んだと思う。
何か取りこぼしているかな?
翌日がダネシャンの二回目の公判と判決の日なのでこの日にもダンは帰ってくるかも知れない。

前回書き忘れたが腕相撲のルールに関して。
基本戦闘ルールと同じだが、戦闘系の特殊技能値は「剛力」のみ使用可能とした。
で、二回連続してロールに成功すれば勝ちとした。
タルガスは剛力を2レベル持っている。
対してルフランは1レベル。
技術点も同じだし、ルフラン不利だったのだがダイス目でルフランが勝った。
ルフランが剛力を所有しているのは農家で力仕事をしていたため(笑)。

この日おそらくダンがビリタンティに帰還し、翌日裁判、その後判決次第だがカーレへの旅となる。
その護衛としてPC達は雇われたのである。
シナリオとしては丁度半分ぐらい。
本当はもう少し進めたかったのだが、NPCとの会話の多い回はなかなか進まない、ということもあったり(汗)。

(2017.04.26 若干修正および追記)
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック