マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
エイリアンの出てくる夢(汗)
以前も同じような夢を見た記憶があるが、映画「エイリアン」のエイリアンが登場する夢を見た(ギーガーデザインのアレである)。

古めかしくも庶民的な日本風住居。
中庭がありそのぐるりを廊下が巡っており、障子で仕切られた部屋がある。
私は友人とその家に遊びに来ている。
その家は私の親戚の家なのだ。
親戚家は家族が多く、同年代の従兄弟も数人いる(複数世帯が居住しているように思えた)。

夜、家の中にエイリアンは出現した。
どこから現れたのかはわからない。
エイリアンに捕まったら殺される、あるいは喰われるということは一目で理解出来た。
凄まじい恐怖感があったから。
エイリアンは廊下を一巡りする。
どうやら視覚が貧弱なようで、主に音に反応して獲物を探すようだ。
廊下ですれ違いざま恐怖感に捕らわれるが何とか息を殺した(年下の従兄弟の口を押さえていたような)。
やっとやり過ごした、と思ったら回廊となった廊下をまた巡ってくる。
私は気付いているが、他の親戚は眠っているので、音を立てていつエイリアンに襲われるかわからない。
私は十分に距離が開いたところで、わざと音を立てて玄関から外に出る。
と、追ってきた。
死にものぐるいで逃げて鍵を開けておいた勝手口に飛び込み鍵を掛ける。
やっと外に追い出した、と思ったのだがおそらく開きっぱなしになっていた玄関から再び侵入してきた。
マヌケ。

エイリアンに追われ、今度は勝手口から飛び出す。
もう空は白んでいた。
と、勝手口のすぐ傍にある薪小屋がぼうぼうと燃えている。
すぐ傍に年上の従兄弟がおり、どうやら彼が火をつけたらしい。
彼と協力してエイリアンをおびき寄せ、燃える薪小屋にエイリアンを蹴り込んだ。


記憶の曖昧なところを多少筋道が通るように補完してはいるが、だいたい↑のような夢だった。
何故今時エイリアン?と思わなくもないが(笑)、映画「エイリアン」は劇場に見に行ってものすごく怖かった映画なんだよなー。
殺される、喰われる、恐怖もあったが捕まると自分が自分でなくなってしまうという自己喪失の恐怖もあった。
発狂するというのでもなくて、むしろ肉体的に人間でなくなってしまうような。
寄生されるというか、フェイスハガーに卵生み付けられるみたいなそんな恐怖かな。
デザインはギーガーのエイリアンそのまんまだったが、動きがゴジラみたいにのろかったので助かった(汗)。

舞台の家屋は時々私の夢に出てくる。
母方の祖母の家に印象が似ているけど、構造は全然違う。
なんなんだろう?



予告のナレーションは小林清志さんだったんだ。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック