マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
AFF2の戦闘
今朝もへんてこな夢を見ていたり、少し前に書いた野外イベントでの缶バッジ作りのことを考えていたり、AFF2のシナリオを考えていたり(笑)忙しかった。
久しぶりに丸一日オフだったのでお洗濯も><。

夢は…。
うつらうつらしている時は鮮明で、「忘れることはないだろう」と思っていたのだがぱっちり目が覚めると同時に綺麗さっぱり忘れていた(汗)。
こういう時こそiPhoneのSiriを活用すべきなのかなぁ。

野外イベントの缶バッジ作り。
今まで色々試していてAdobeのPhotoshop MIxというフリーアプリを使用すればなんとかなりそうだ。
ただこのアプリ、テキストが挿入できないんだよな…。
もっと適したアプリがあるのかもしれないが、レイヤーが使用出来るし透明画像を扱えるので便利なのだ(というか選択範囲をカットアウトできる)。
モバイルプリンターがあれば何とかいけそうだ。
GWに間に合うかな(汗)。

AFF2のシナリオについて。
勿論アイデアはあるのだが、細部を考えていた。
部屋で考えているとなかなか考えがまとまらないので(おそらくネット環境とか本とか情報が多すぎるため)散歩に出掛けることにした。
昔から考え事をする時は散歩していた。
散歩とはいえ当てもなく歩くのは疲れるので、普段は行かない少し遠くの公園を目指す。
近所にスーパーがあるのでそこで飲み物でも買って少し休憩する予定(笑)。

私のシナリオは長たらしくなる傾向にあるので、細部を切り落としてすっきりさせたい。
イベントもいくつかのメインのものに絞って…。
…うん、なんとなく形になってきた。
データ的なことはまた資料に当たって考えなければならない。
というところで帰ることにする。
そーいえばクリーニングに出していたあいもののジャケットが出来上がっている日だった。
思い出したのでついでに取りに行く。

で、タイトルの件。
先日プレイした時にも気付いてはいたのだが…。

AFF2をプレイする際、TRPGチャットツール炬燵を使用している。
チャットはスカイプを使用しているが、ホワイトボードのお絵かき機能が充実しており(レイヤーが使用出来る)ユニット配置も出来るので。
スクエアマップを表示、ユニットを配置してPCやNPC、モンスターの位置関係を把握するために。
AFF2の戦闘、結構アバウトで(笑)攻撃方法によって順番は規定されているのだが移動や戦闘(魔法含む)以外の行動に関しては非常に曖昧。
元々ゲームブックのシステムだからだろうが、このままのルールでは非常に抽象的な戦闘しかできないのだった。

戦闘は一応順序として、
・遠距離攻撃
・魔法攻撃
・近接攻撃
の順に処理される。

遠距離戦が設定されているにもかかわらず、移動に関するルールが無いのだ!
勿論ルールが無いだけで戦闘中移動出来ないわけではない。
つーか、その部分はディレクター裁量ということなのだろう(汗)。

前回も今回もこのルールは一部無視して以下のルールで行った。

・行動順は技術点の高い順。
・各キャラは1ラウンドに以下の行動が取れる。
・メインの行動一回(戦闘や魔法の使用)
・簡易的な行動一回(武器を構えたり、触媒を準備したり、声を掛ける等)
・以上を行った上で一マス分(約3m)の移動をどのタイミングでも行える
・またはメインの行動を行わずに2マス移動(簡易的な行動一回はOK)

前回のシナリオでは特に気にならなかったのだが、今回トロール一体vsPC二人(タルガスとエダン)という状況が生まれた。
時間的なこともあったしその場のノリ的なものもあったので無視したが…。
モンスターには攻撃数というステータスがある。
それを反映させていなかった。
例えばトロールは「攻撃数2」となっており、二体の攻撃者から攻撃を受ければそのそれぞれにダメージを与えうる可能性があるのだ。
しかし攻撃力ロールは一回しか行わないことになっている。
今回はトロールvsタルガス、トロールvsエダンをそれぞれロールして結果を求めた。
それほど不公平では無かったとは思うが(そう言えば複数vs1体での戦闘の際のボーナスペナルティも忘れていた/汗)、この近接戦闘にカイラースも加わっていたら?
やはり同じようにダイスを振り攻撃力を比べあい、トロールが上の場合でもダメージ無し、とかだろうか?
うーん。

ルールブックのルール通りの解釈だと、モンスター一体に付き1ラウンドには一回しか攻撃ロールを行わない、ということなのだと思う。
しかしマップを使って移動という要素を入れ、多少タクティカルな戦闘を目指すと1ラウンド内での時間差が生まれこの「攻撃数」というルールが上手く機能しなくなるようだ(汗)。
近接戦前に全て移動を済ませるルールならなんとかなるかな?
自由度は減じるが。

ちょっと考え所ではある。
まー、なんとかなるだろう(笑)。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック