マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
日本のポテトチップスが危機!
数日前にこんなニュースを見かけた。

「ピザポテト」など対象:
カルビー、湖池屋が一部ポテチ休売 ジャガイモ不足で


以下引用。

カルビーと湖池屋が、ポテトチップス製品の一部を休売・終売する方針であることを明らかにした。昨夏の台風の影響で、北海道産ジャガイモの収穫量が激減したことが原因。

 カルビーと湖池屋は4月10日、ポテトチップス製品の一部を休売・終売する方針だと明らかにした。昨年8月に北海道が台風の被害を受けた影響で、原材料の大半を占める北海道産ジャガイモの収穫量が激減したことが原因。

 業界最大手のカルビーは4月中にも「ピザポテト」「堅あげポテト ブラックペッパー」など8種類15商品を休売するほか、全国各地の「ご当地ポテトチップス」シリーズなど14種類18商品を終売する予定だ。製品の最大サイズ「BIGBAG(170グラム)」も廃止する。

 ITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、カルビーは「海外のジャガイモを輸入するなどの代替策を行ってきたが、輸入品の品質が悪く、工場の稼働率が低下したため休売・終売に踏み切った」(広報部)と話す。

 同2位の湖池屋は3月25日から、既に「リッチコンソメ」などの商品を休売・終売している。同社の広報担当者は、「今後は、主力製品の『カラムーチョ』シリーズの販売を続けることを最優先に事業を進める」と話す。「厳しい状況だが、今後も“国産ジャガイモを使用する”という製品コンセプトは変えない。原材料を輸入品に頼らず、九州産のジャガイモの仕入れなどで対処していく」という。

 現時点では、両社ともに休売・終売中の製品に販売再開のメドは立っていないという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


カルビーのポテトチップス。
子供の頃、というより若い頃?よく食べたよーな。
ビールのつまみ替わりに(汗)。
以前も書いたかもだが、小学生の頃私はこういうスナック菓子は買って貰えなかった。
おやつと言えばお店の廃棄品ばっかり(廃棄品と言っても古くなった物ではなく、商品にならない切れ端とかだ)><。
当時、私もポテトチップスとか食べたかった。
買って貰える友達がうらやましかったなぁ…。

現在ポテトチップスには特に固執するものではないが(笑)、堅焼きポテトは時々食べたくなって買ってしまったりする。
店頭から全て消えてしまうと少し寂しい思いはするかも知れないが、まぁたいしたこと無いだろうな。

BSE騒ぎの時、牛丼専門店で価格が高騰するってことがあった。
輸入でまかなえないのか?との話があったが某老舗は輸入牛では味が出せないとかで値上げに踏み切っていたような。
ポテトチップスって、文字通りポテトスライスを揚げて味付けするだけだから素材の味ってのは結構ストレートに出るのかも知れない。
休売ってことになれば損失受けるのはやはり企業側なわけで、味もそうだろうが採算が合わないとか色々あるんだろう。
うちのお店ももちきび扱う商品辞めたもんね。
国産品は高すぎて採算合わないみたいなのだ(汗)。
流通しているのはメイドイン中国ばかり。

学童の仕事でちょっとしたイベント(クリスマス会とか)あるときはおやつとしてトレイに大袋のポテトチップスを出したりするのだが、子供達みんなポテトチップス大好きなんだよな~。
競うように食べている、特に男子は。
ベーシックなうすしお味は休売にはならないようだし、大丈夫かな?
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック