マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
独裁政権?の夢
なんかいきなり暑くなって参っている(汗)。
明日は20℃代後半ぐらいになるとか!
いきなり初夏並みの暑さかよ><。

数日前にヘンテコな夢を見たので記録。
とはいえあまり詳細には覚えていない。
記憶にある限りで書いてみる。

まず一人の人物(おそらく男性、顔は見えない)が片手に三本の抜き身のナイフを手にしており、器用にそれを扇子のように開いたり閉じたりしていた。
いずれも片刃のフォールディングナイフのように見えた。
人物は終始無言で、この夢の中に何度か現れた。
彼に会う度に私は死の恐怖を味わっていた。

私の住んでいる場所は独裁者の圧政に苦しめられている。
独裁者とは市長であり、ビジュアル的には私の住んでいる市のリアル現在の市長だった(笑)。
市長が命じて機関砲?ガトリングガン?で市の歴史ある建造物を破壊する場面があった。
古い石造りの建物で、市章でもある美しいレリーフを破壊する。
市章、なんとなく真実の口みたいなデザインだったよーな。

とあるビル内で生物兵器の実験も行われていた。
軍隊(自衛隊だったのか?)の特殊部隊がそうとは知らずにそこで演習を行っている。
建物内には犬や猫が集められており、それらは生物兵器におかされている。
私は何故かこの建物内におり、動物たちの中にうちの猫の姿を見かける。
あぁ、もうあの子とは会えないんだ、と少し悲しい思いをした。

…という訳わからん夢でした。
夢を見ている時はもう少し脈絡があったと思うのだけど。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック