マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
TRPGAFF2記録 ビリタンティへの旅01
ここのところずっと重大なニュースが続いていたり。
取り上げたいのだが、プライベートで色々あったりもして記録優先でそっちを書いている(汗)。
今日も実にヘンテコな夢(オカルトっぽい内容)を見たりしたのだが、取りあえず忘れないうちにTRPGの記録。

斧戦士タルガス、治療師エダン、妖術師カイラースの三人は前日助け出した少女シャーナの家で歓待を受け一日そこで身体を休める(妖術で体力を使い切っていたカイラースが特に希望した)。
早朝次の村クリスタタンティに向かって出立することに。
農夫の一家からは各10gpの謝礼と保存食二食分を受け取る。
シャーナの祖父からは「馬車を追ってきた時にはどんな怖ろしい人かと思ったが、あなたに助けられようとは…」との言葉も。
また、この道の先には「こそどろ草(かすめ草)」と呼ばれるたちの悪い植物の群生地があり、気をつけるようにと忠告される。
旅人の所持品を盗み取ってしまうらしいのだ。

事前に情報があったので、こそどろ草からの被害を受けることもなく、旅は順調に進む。
夕刻クリスタタンティの町並みが見えてきた。
辿り着いてみるとクリスタタンティは奇妙な村であった。
背後には岩山がそびえ、集落の多くの住居や店舗はこの岩山の壁面に穴をうがって作られているのだ。
それ以外には二つばかりの石造りの建物が見えるのみ。
武器を携えた若者が「旅人か?」と三人を誰何する。
若者は三人に宿屋への道筋を示し(洞窟内にある)、またこの地の危険を訊かれて岩山の上に巨人達の一家が住み着いている事を語る。
巨人達は自分たちのテリトリーを「リー・キ」と称し侵入者は許さないがこちらのテリトリーにも踏み込んではこないらしい。
危険な生物には違いないが、ここ数十年特にトラブルはないそうだ。

宿に一泊することにした一行は風呂を所望し、別料金の夕食もオーダーする。
分厚いステーキにシチュー、パンの食事に満足する三人(宿泊費と風呂で2gp、食事で1gp)。
翌朝、料金込みの朝食を摂った後に雑貨屋を覗いてみるが、特にこれといった商品はない。
次の街ダンパスへと歩みを進める。
途中に分かれ道があり標識が。
「アリアンナの家」とある。
タルガスはアリアンナの名前を知っていた。
この地方では著名な司祭であるらしい。
が、特に立ち寄る必然性は無い。
三人は無視してダンパスへと向かう。

戸数10戸ほどのダンパスの集落へ入っていくと、野外で円卓を囲んで談笑している男性達の姿が見える。
彼らは旅人を快く迎え、宿の場所も教えてくれる。
また、行商人が来ておりその天幕の場所も。
魔法のアイテムも扱っているらしい。
天幕を覗いてみることにした三人。
天幕には「ロングボウ商店」との垂れ幕がかかっている。
静まり返った店内に入ってみると、武器や防具、食器類や雑貨などが簡易の什器に並んでいた。
しかし店主の姿は見えない。
もう一つ別の天幕への通路はあるが。
エダンは店の商品を品定めしてみる。
武器はいずれも高級品である(特殊効果はないし、魔法の品物でもないが)。
カイラースは第二の目を使用して周囲を探る。
と、入り口近くに掛けられたランプが魔法のオーラを放っている。
ランプを手に取り調べてみようと思ったその時、天幕の奥から一人の若い男が出てきた。
店主であるらしい。
そのランプは売り物ではないので触らないで下さい、とのこと。
また彼は少々急いでいる風情で「弟の具合が悪い、医者を捜さなければならないので今日は閉店です」と告げる。
治療技術にいささか知識のあるエダンが申し出、弟の様子を診てみることになる。


今日はここまで。
プレイの主に半分ぐらい(1時間ちょっと)かな。
今回から国際通信社の「スティーブ・ジャクソンのソーサリー1 シャムタンティの丘を越えて」サプリメントを使用している。
「ソーサリー」ゲームブックをTRPGとして遊べるようにデータ化されているサプリだが…。
システムは基本D20の汎用システムを使用。
基本背景設定やNPCの社会的データ(ゲーム数値的な物は除く)、地図データなどをこれに統一する形にした。
前回のプレイの後に購入したのだ、この本(汗)。
シナリオ的な部分は勿論「ソーサリー」を再現した物なのでそのままでは使用出来ない。
プレイヤーは全員「ソーサリー」をプレイしているので(笑)。

今回2回目のシナリオをするに当たって、いきなり「無事ビリタンティに着きました」でも良かったのだが、せっかくなのでプレイヤーには懐かしいであろうシャムタンティ丘陵の旅を再体験して貰う事にしてみた。
とはいえイベントをそのまま踏襲するわけにはいかないので、地勢的な部分とか。

この本で驚いたのはクリスタタンティの設定。
実は↑のプレイではクリスタタンティはただ通り過ぎるだけのつもりだったので、設定を読んでいなかった。
十分準備できる時間が無かったせいでもあるが。
で、プレイ中にクリスタタンティの設定を読みつつプレイしていたら…。
なんと!
この村、岩窟集落として設定されていた!!
ゲームブック「ソーサリー」で主人公がボンバの実を貰う酒場も宿泊する宿屋も全て岩をくりぬいた洞窟内集落にある。
まさにダンジョン(笑)。
ゲームブックにはそんな描写はなかったと思うのだが。

魔女アリアンナも何故かこのサプリでは聖職者(クレリック)として設定されている。
なんでだろ~~。

クリスタタンティもダンパスも集落人口100人に満たない。
神殿もない。
病気の治療は民間療法に限られているようだ(汗)。



…色々検索していたら↑のような動画が…。
なんだかな感じではある(笑)。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック