マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
児童の名前
たまたまなのかどうなのかわからないのだが。
昨年度学童の仕事で出会った児童の名前。
キラキラネームという程ではなかったが、現代的な?名前が多かった。
今年度の担当クラスは去年と同じ学年なのだが、使用している教室の関係で午後遅くになるともっと低学年の教室に移動して合流する。
基本一年生の使用しているクラスだ。
今日そこで名前を覚えるために名簿を見ていたのだが、ほんの2~3年しか生まれ年は違わないのに名前の傾向が異なっている事に気付いた。
兄弟もいたりするのだが、それでも名前の傾向が異なる。
どう違うかというと…どちらかというと古風な響きになっているのだ、一年生。
主に男子。

「○○すけ」という名前の子が数名。
去年の担当児童達は正直これ日本人の名前か?と思うような子も数名いた。
夏休み限定の児童だったが。

今の一年生って満六歳のはずだから2010年か2011年生まれのはず。
当時何か特別なことがあったっけ?
…東日本大震災があったな。
名付けに影響するような要素があるんだろうか?
よくわからない。

名前ではなくて名字も現在の担当クラスはなかなか賑やか…というか歴史的に有名な名字の児童が数名。
武内宿禰を思わせるような名字とか、有名テニスプレイヤーと同じとか(読みは違うが)、関ヶ原で西軍を裏切って東軍を勝利に導いた武将の名前と同じだとか、私が子供の頃に有名だった双子のマラソンランナーと同じだとか。
双子と言えば双子の兄弟もいる。
ペアルックで来てるので兄弟かな、とは思ったのだが身長が異なるので学年は違うのだろうと勝手に思っていた。
顔は似ているのだろうが、一人だけ眼鏡を掛けているので印象が異なる。

春休みなので私服で名札もつけていないし、名前を覚えるのが大変だ。
名札は私の場合はあまり役には立たないのだが(汗)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック