マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
戦争!
戦争…といってもトランプゲームの話。
トランプゲームと言ってもトランプ大統領は関係無い(笑)。
先日学童クラスの障害のある子と遊ぶのに、何かいいトランプゲームないか?ってことは書いたと思う。

昨日思いついて一緒に「戦争」をやってみた。
トランプのスートは判別出来ているのかどうか良くわからないが、数字は少なくとも10までは数えられるようだったのでこれならいけるのじゃないか?と思ったのだ。
教えるルールも最低限で済む。
またこのゲームの最大の魅力はお互いに本気でルール通りにやった上で、その子にも勝つことが出来るチャンスがあるところにある。
運だけのゲームなので。
大人がやるには考える要素のないつまらないゲームと思えるかも知れないが、「甘やかさずズルをさせずにルール通りにやること」と「勝つ(達成する)喜びを知ること」は重要なのではないかと思うのだ。
オマケとしてルール通りにゲームが出来れば、対戦相手も余計なストレスを感じずに済む。

結果としては大成功だった。
まだわざとルールを間違えた振りをする(カードの強弱に限らず自分のカードにしようとする)ことはあるが、続けて何度でもやりたがるので、面白いのだろう。
今日は私は別の事をしていてその子の相手はしなかったのだが、別の指導員がトランプを一緒にしていてちょっと覗いてみたら「戦争」をしていた。
自分でやりたがったようだ。
本来は手札が無くなったらとった場札を手札にして誰かカードが出せなくなるまでプレイするのがルールなのだが、二人でのプレイとなるのでそのルールは割愛した。
その子だけに関わっているわけにもいかないから、一ゲームを余り長時間できないのである。

いつかの将棋男子が「将棋やろう!」と誘ってきたので将棋もやった。
私も大概ヘボ将棋なので追い詰めながらもなかなか詰めまで持って行けなかった。
やがて持ち駒と盤面を見比べて、「あぁ、ここに打てば次で詰むじゃないか」と気付いた。
と、その後怒濤の反撃が(汗)。
王手王手の連続で自分の王をすたこらさっさと逃がす。
男子は打つ駒が無くなり1手余裕が生じた所で詰めにした。
詰めにする手を思いつくのが遅れてたら危なかったかも知れない。
負けはしたものの男子も手応えを感じていた模様(汗)。
ある意味一番いい感じで終われたのかも知れない。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック