マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
一昔前の女子体操服ブルマーは何故普及したのか?
…ということが記事となっていたので興味深く読んでみた。

2017.3.24 11:00
【関西の議論】
ブルマー恥辱の歴史―「ちょうちん」後、30年続いた「密着型」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い…


以下引用。

 1960年代半ばから90年代半ば頃まで、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。「体形が丸見え」「下着同然」「パンツがはみ出る」…。恥ずかしさと不満がよみがえる方も多いだろう。なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。そんな疑問に迫った関西大学社会学部の山本雄二教授の著書『ブルマーの謎』(青弓社)をひもとけば、進歩派と保守派のねじれた支持と、学校現場をとりまく“大人の事情”が見えてくる。(横山由紀子)

「ブルマーの謎」 誰が導入? なぜ“はみパン”が教育現場に?

 密着型ブルマーは60年代半ば頃から、中学校を中心に女子体操着として採用され始め、その後、全国の学校で急速に普及した。ただ、導入当時から女子の間で羞恥と不満の対象でもあったという体操着がなぜ、どんな経緯で取り入れられたのか、ということは謎だった。

 「誰も説明できないまま30年間も続いてきた。そんな現象に、組織の力学が働いていると思ったのです」。山本教授は、学生服メーカーなどへの取材や文献の調査を行い、教育学的、社会風俗的な見地からその謎に迫っている。

 そもそも、ブルマーが女子体操着として日本に導入されたのは、1900年代前半頃。袴(はかま)姿で体育を受けるのが不向きとされ、膝下まで大きく膨らんだニッカーボッカー風ブルマーが採用された。その後、長さは次第に短くなり、緩やかに尻を包み込むちょうちんブルマーが60年代半ば頃までの定番だった。それが、あっという間に密着型ブルマーにシフトしたのだ。
以下略。

私の学生時代…1970年代~90年代はまさしくこの時代で、学校指定の女子の体操着としてはブルマーが当たり前だった。
なので当時はあまり深く考えることはなかった。
大学に入ってからだろうか。
ブルマーってなんだか露出的な体操着だな、と思い始めたのは。
記事の後半にあるが、「ブルセラショップ」なるものが問題となったのは90年代だったか?
それが「ブルマー=性的なもの」との認知を広めた、と記事は語っている。

大学入学後、体操服の女子学生など殆ど見る機会はなく知らなかったのだが、古書店で仕事をしていた時のイケイケギャル風大学生アルバイト女子の「高校生の時は脚長く見せようとしてスパッツがギリギリ見えるかどうかぐらいのミニスカ制服着てましたよ」との発言があって最近はブルマーじゃないんだ、と知った。
私が小中高生の頃はみんなアンダースコート替わりにブルマーはいていたもんだが、今は違うんだ、と。

記事によれば90年代半ばからブルマーは廃れていったらしい。
私の姉、40代になってもママさんバレーやっていたが確かブルマーだったぞ??
まだ15年ぐらい前じゃないかな。
地方なので波及が遅れたのか?
そういえば甥っ子が小学生の時に一度だけ運動会に行ったことがあるが、その時女子児童の体操着はまだブルマーだった。
確か小学5年の時で…今の甥っ子の年齢から逆算すると12、3年前だろう。
ちなみに姉、ママさんバレーのブルマーは恥ずかしかったそうだ。
今はスパッツとかになってるんだとか。

山本教授が分析する記事の内容、概ね同意なのだが一つ視点が欠けているような気もする。
学校運営側の…文字通りセクハラとしての密着型ブルマーではなかったのか?という視点だ。
自分の小中高時代を考えるとやはり男性教員が多かった。
これはとある中学校の「奇妙な掃除」のことでも少し書いたが、ひょっとしたら教員の趣味だったのでは?とか思わなくもない。

当時、東京五輪の女子体操選手のレオタード姿を通して、女性の肉体に健康美を見いだす感覚が生まれており、「提案された学校も抵抗感なく容認できたのでしょう」。また、一度導入され定着したものは、そのまま継続されるという「学校現場の奇妙な力学も働いた」とみる。

同じく↑のリンク先からの引用だが…。
東京五輪は私は知らないけれど、1976年モントリオールオリンピックで一世を風靡したコマネチ選手の人気も一つには性的な歓心はあったと思う。
コマネチ選手のレオタードは白色で「白い妖精」の異名でも呼ばれたが、その色のせいもあるのか…乳首が透けて見えているような写真も残っている。
当時私はまだ小学生でそんなことは意識していなかったが、ビデオが普及していなかった当時コマネチ特集の雑誌はそりゃ売れただろう。

山本教授の言う、身体の解放と自立を肯定する戦後民主主義派とは所謂フェミニスト一派になるんだろうか?と少し不思議に思った。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック