マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
新刑事コロンボのこと
全編見終わってから書こうと思っていたのだが…。
お正月にコロンボを観てからちょこちょこ見直していたりしている。
「スタートレック」のミスタースポックことレナード・ニモイが犯人役で出演していたり、スピルバーグがスタッフで加わっていたりするのを発見して結構そういう意味でも興味深かったり(笑)。

旧作は一通り観終えて、先日から「新刑事コロンボ」を観始めた。
うーん。
なんか違うんだな、やはり。
旧作に比べて脚本が甘い印象を受ける。
コロンボが犯人を追い詰める詰めが甘い、というか。
また奇をてらったような回もあった。
コロンボの妻(かみさん)の葬儀の場面から回想シーンでストーリーが進む「かみさんよ安らかに」や、誘拐事件現場にたまたま居合わせたコロンボが人質救出を試みる「初夜に消えた花嫁」。
「初夜に…」では結局殺人事件は起きなかったし、このシリーズでは特異な作品だった。
そもそもコロンボが登場する必要のない作品(汗)。
コロンボのキャラクターが活かされない作品と言ってもいいかもしれない。
ちなみに初見だった><。
少し気になったのはクレジットを観ていたら「原作:エド・マクベイン」とあったこと。

少し検索してみたが、やはりコロンボファンには酷評されているようだ(汗)。
コロンボらしいコロンボを観たい方にはお勧め出来ない一作だった。
…私はてっきり犯人は花嫁の○○さんだと思ったよ…。
関連記事

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック