マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
青木まりこ現象
数日前、以前も紹介した海外サイトの翻訳サイト劇訳表示さんにて↓のような記事があった。

2017年01月03日12:00
「日本人は、書店に行くと突然トイレに行きたくなるらしい」【海外反応】


この現象、青木まりこ現象と呼称されているらしく(その理由については以下のリンクで説明されている)、実は私にも青木まりこ現象が起こるのだった。
最近はそれほどでもないが、十代二十代の頃は確かに自覚していた。
↑のサイトを読んだところ海外にも便意を催す人はいるようだ。

青木まりこ現象←ウィキペディア。

↑を読むと・・・取りあえず原因不明、都市伝説ではないか?とも解説されており、また様々な分野の人達から原因の推測がなされているようだ。

私個人に関しては明らかに青木まりこ現象は存在した。
そして私なりにこの現象の原因に関して過去に推測していた。
今日はこの場でその推測を記録しておこうかと思った。
↑のウィキペディアの記述に書便派(しょべんは、書店に行って便意をもたらす人)との言葉が紹介されており、面白いし便利なので以後使用させてもらうつもりだ(笑)。

まずどのような症状が起こるのか、私自身の経験を書かせて貰うと…。
書店に行くと便意を催すことが多い。
特に大型書店に行った時に起こりやすい。
お腹が痛くなるとかではなくて、お尻から上に突き上げてくるような便意(汗)。
必ずしも不愉快なものではない。
が、トイレに行っても出たり出なかったり。
尿だけがちょろちょろ出たりとか。
古書店で仕事をしていたことがあるが、その時に現象は起こらなかった。

つまり本当の便意ではない、偽の便意という印象だった。
身体の方はまだ準備が整っていないのに、脳だけその気になっている印象。
書店で長時間過ごすと起こりやすい、ということでも特になかったような気がする。
むしろ匂いに反応していたような。
最初は紙の匂いが原因か?と思ったが、おそらく印刷物の匂い。
つまりインクの匂いの方に反応していたように思う。
図書館で反応した記憶はあまりなく、新刊本屋での方が多かったと記憶している。
つまり新しいインクの匂いに反応していたのでは?と思える。
図書館ではあまり現象は出なかったが、古書店ではわりと頻繁にあったような気がする。
うちのごく近所に古書店があるが、今でも青木まりこ現象が起こる。
が、最近は新刊本屋ではあまり起こらない。

随分前に…おそらくウィキペディアで取り上げられている、青木まりこ現象がメディアで取り上げられた時に自分なりに分析したのだろうと思うことを書いておく(当時私は「本の雑誌」を読んでいた)。

結果(私が思うに偽の便意)には原因があるはずだ。
便意ってそんなに不愉快な感覚だろうか?
私はむしろ気持ちいい感覚だと思ったりする(健康な時の便意だが)。
気持ちがワクワクしている時と非常に感覚が似ている。
下腹から上半身、更には頭部に快感に近い感覚がよじ登ってくる。
脳内麻薬でも出てるんじゃないか?と思うような感覚だ(笑)。
まぁ、トイレがすぐ近くに無ければ最悪の感覚でもあるが。
書店というのは当時としては(今はネットがある)新しい知識に触れられる宝庫で、未知の情報と接触できる場所だった。
あるいは新しい疑似体験との出会いを求める場所だ。
そういう未知の情報と触れあう可能性にワクワクしたのではないか。
図書館に行く時には、目的を持っていく。
目的が決まっているので、目的外の未知の情報にワクワクすることは少ない。
古書店で仕事をしていた時にこの現象が起こらなかったのも、仕事だったからだろう。

このワクワク感を脳が、あるいは腸が便意と勘違いしていたのではないかと思っている。
つまり…。

・ワクワク感=便意と条件付けされる。
・書店に行くとワクワクする私。
・便意を催すがトイレに行っても(身体が準備出来ていないので)便はでない。

って事だったのではないかと。

ウィキペディアにある各種説では、

占星術師のルネ・ヴァン・ダール・ワタナベは、書店は知的欲求や好奇心の象徴であり、これに対する一種の緊張感が一連の症状を招くと解釈している[80]。

↑引用。
というのが一番近いかも知れない。
また、↓の笠原敏雄の説も少し気になった。

「幸福否定」による説[編集]

ここでは「関心を持つ本」とされているが、私に言わせれば「関心を持つ(かもしれない未知の)本があるかもしれない状況」かな。

個体差もあるのだろうし、なんとも言えないが私に関しては自分の推測であってるのじゃないか?と思っている。
体質差もあるかもだし(汗)。

ネットで情報を得るようになってから、また歳をふる毎にこの現象が新刊本屋では起こらなくなっていることも、私の場合符合するのだった。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック