マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
メリークリスマスかハッピーホリデーか?
以前もちょこっと書いたような気がするが。

「メリークリスマス禁止」をあの男が変える!?
2016年12月24日(土)08時31分
小暮聡子(ニューヨーク支局)


以下引用。

<近年のアメリカでは「メリークリスマス」の代わりに「ハッピーホリデー」と言うのが主流。だがそれも今年で終わるかもしれない。トランプ次期大統領が「メリークリスマス」のタブー化に異を唱えているからだ>

 ニューヨークの冬と言えば、クリスマス。11月末の感謝祭を過ぎると街の至るところにクリスマスツリーが飾られ、サンタクロースやクリスマスソングが溢れかえる。そんなクリスマスムード一色のこの街で、日本にいた時よりも耳にしない言葉がある。「メリークリスマス(Merry Christmas)」だ。

 どうやら近年のアメリカでは、「メリークリスマス」は気軽に使ってはいけない言葉のようだ。理由は、クリスマスが宗教的な行事である以上、キリスト教徒でない相手に対してキリスト教の祝い事を押し付けるのはよろしくないという考え方が広まったから。

 キリスト教徒に対して言う分には問題ないので、相手がキリスト教徒だとあらかじめ分かっている家族間や親しい間柄同士では今も普通に使われる。一方でさまざまな宗教の人が混在するような公の場では、「メリークリスマス」の代わりに「ハッピーホリデー(Happy Holidays)」と言うのが主流化してきた。

 特に多民族の街ニューヨークでは、この時期になると店のスタッフや会社の同僚と交わす挨拶として「ハッピーホリデー」は決まり文句だ。先日も会社で「クリスマスパーティー」ならぬ「ホリデーパーティー」が開催されたし、仕事相手から届くのは「メリークリスマス」ではなく「ハッピーホリデー」と書かれたカード。「祝・クリスマス」に沸くニューヨークからは、「クリスマス」という言葉だけが奇妙に消し去られている。

 だが、この風潮も今年を機に変わるかもしれない。ドナルド・トランプ次期大統領が「メリークリスマス」のタブー化を終わらせると宣言しているからだ。

 そもそも「ハッピーホリデー」は、「ポリティカル・コレクトネス」を推進しようという流れの中から出てきた言葉だ。ポリティカル・コレクトネスとは、差別や偏見に基づいた表現を「政治的に公正」なものに是正すべきという考え方のこと。主に人種や性別、性的嗜好、身体障害に関わる用語や認識から差別をなくそうという動きで、20世紀後半のアメリカでは「インディアン」を「ネイティブアメリカン」、「黒人」を「アフリカ系アメリカ人」、「ビジネスマン」を「ビジネスパーソン」に変えるなど、用語上の差別が撤廃されてきた。
以下略。

個人的にはクリスマスに「ハッピーホリデー」と言うのはちょっと違和感がある。
何十年も「メリークリスマス」で過ごしてきたし、日本でのクリスマスはクリスチャンではない多くの人にとって宗教的行事でも何でもないからだろう。
私にとってもだが。
日本では「ホリデー」ですらない。

非キリスト教徒も存在するから非宗教的な「ハッピーホリデー」を使用する、という意図はわかるんだが、アメリカで建国以来「メリークリスマス」で通してたのなら「それでいいのじゃないか?」と思ったりする。
というかキリスト教徒だけが祝えばいいわけで、他教徒にわざわざ気を遣って「ハッピーホリデー」なんて声かけする必要あんのかな。
本当に宗教のことが問題とされるのならば。
非キリスト教徒が「国民的行事だから御祝いはするが、我々はキリスト教徒ではないから「メリークリスマス」とは言うな」ということならなんだかおかしいぞ。

…と言ってられるのは、私が日本に住んでいる日本人だからかな。

「除夜の鐘がうるさい」との苦情で除夜の鐘自粛、なんてニュースが最近あった。
本当に深刻にそう感じている人もいるのかもしれないが、除夜の鐘なんてごく最近から始めた行事ではない。
その人は今までどこに住んでいたのか?
寺の近くに引っ越してきたのならそのぐらいは覚悟しておく必要があったんじゃないかな。
とも思ったりする。

騒音と言えば、私は最近筋向かいに越してきた魚屋さんの開店準備の音がうるさい(笑)。
5時ぐらいに自動車の音とシャッターを開ける音がして、大概目が覚めてしまう。
生活音みたいなものでしょうがないのだが。
商売やめろとは言えないし(汗)。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック