マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
鶏のイラスト
先日もちょこっと書いた無料カルチャースクール?の絵画の授業。
鶏のイラスト二回目。
前回描いた鶏に彩色、というのが課題だった。
水性マーカーを使用して。
実は各自輪郭線を黒い油性マーカーで描いて彩色直前まで仕上げておく事になっていたのだが、私は出来ていなかった。
…時間が無かったと言えばそれまでなのだが、実はどちらにしろ年賀状で使用する清書はパソコン上で仕上げるつもりだったから。
なにせお付き合いのカルチャースクールなので(汗)。

私のことを知っているのか知らないのかわからないが(恥ずかしながら一応名刺には「イラストレーター」と書いている)、講師の先生は私にはまったくアドバイスをくれない。
まぁ自由にやらせて貰っているのでありがたくはあるのだが。
基本モノトーンで仕上げて、頭と羽根を一枚だけアクセントとして彩色するつもりだった。
が、時間内には結局仕上げることが出来なかった。
前述の通りでそれはいいのだけれど。
終了の時間になって私のイラストを見た講師が初めてアドバイスをくれた。
「輪郭線を強調したらもっと面白い絵になるかも知れない」
「はい」と私。
そのつもりでした!と心の中で付け加えたが(可愛くない生徒だよな…)。

その後、同じカルチャースクールに参加している先輩というか同僚というか…に別の教室はどんなことやってるんですか?と訊いてみた。
英語とかダンスとか教室は何種類かあるのだ。
その方は英語の教室に行かれているのだが、受講人数も多くとても楽しいそうだ。
数人でグループになり、一人目が英単語を一つ口にする。
次の人は前の人の単語とそれにプラスして自分も別の英単語を一つ。
次の人も同様である。
数グループで時間内で何個まで英単語の数が増やせるか、という競争をするそうだ。
語彙を増やすためのゲームだろう。
楽しそうだな、と思った。
何となく「マッドハッター先生は芸大出身だから絵画ですよね」と言われて絵画の教室に行くことになってしまったが、英語に興味があったんだよな。

で、ここからが重要なのだが…。
「ネイティブの方が講師されてるんですか?」と訊いたら、
「シアトルから来た20代の可愛らしい女性が講師されてます」とのこと。

やはり英語にしておけば良かった><。

と、日記には書いておこう(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック