マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
うちの包装紙のデザインをした人の娘さんとの偶然の出会い
最近高齢者の交通事故が多い。
って話題から思い出した話。
ひょっとしたらこのブログに以前書いたかも知れないが、今検索しても出てこなかったので。

もう10年ぐらい前の話になるが、母が病院の駐車場で余所様の車と接触してしまった。
塗装ぐらいで済んだと思うのだが、後日私が先方にお詫びに伺った。
お土産持参で。
ちなみにお土産とはうちの商品である(笑)。

連絡先を聞いていたが、それはご自宅ではなくて職場だった。
児童養護施設というかなんというか…一昔前なら孤児院と呼ばれる施設の職員さん。
まだ若い女性だった。
ご迷惑おかけしたことをお詫びして、お土産を手渡すと…。
「これ、うちの母がデザインしたものです」
と包装紙を指さす。
びっくりたまげた(汗)。
その包装紙、うちのお店で長年使っているもので…おそらく40年ぐらい前に作ったもの。
そのデザインをして下さった方のお嬢さんとこんな所で出会うとは。
店名が入っているのでわかったらしい。

世の中にはまさに奇遇なことがあるものだ、と思った。
小さい地方都市だからかも知れないが(汗)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック