マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
日立がレンズレスカメラを開発!
え、ミラーレスじゃなくてレンズレス??と驚いた。
まさかピンホールカメラじゃあるまいし…。

日立
撮影後、ピント調整 国内初レンズレスカメラ技術
毎日新聞2016年11月16日 東京朝刊


以下引用。

 日立製作所は15日、従来のようなガラスのレンズを使わないカメラ技術を開発したと発表した。国内メーカーとして初となる「レンズレスカメラ」は、代わりに特殊なフィルムを使うため薄く、軽くなり、車やロボットに搭載しやすくなる。低価格化も可能となる。

 この技術を使うと平面だけでなく奥行きのある画像情報を取得できるため、撮影後でも映像のピントを自由に調整できる。例えば監視カメラに採用すれば、ぼやけている人物の顔を後からくっきりさせることができる。あらゆる機器をインターネットでつなぐ「モノのインターネット(IoT)」向けの製品として、2018年ごろの実用化を目指す。

 新技術は、画像センサーの前に新開発したフィルムを置き、入ってくる光線がつくる影に処理を加えて画像データにする。データの分析の仕方を変えることで、ピントの調整が可能になる。画像処理速度は、従来技術と比べて300倍に高まったという。

 日立によると、これまでの海外のレンズレスカメラ技術は画像処理に時間がかかった。


どうやらレンズレスカメラというのが世界初ではないらしい。
他社のニュースによれば同心円を描いた二枚のフィルムを使用するらしく、モアレ縞を利用しているのだとか。
カラー写真などをスキャンする時、以前はよくモアレに苦しめられたものだがそれが利用されているのか…。
撮影後にピント調整が出来るというのもすごい。
ピンぼけの心配は無いわけだ。
動画撮影も可能らしく、ピンぼけの心配がないなら防犯カメラなどには有用だな~。

日立と言えば私は白物家電の印象で(汗)、モーター技術に優れていると思っていた。
精密機械と言えばソニーやパナソニックなイメージだったのだが、認識を改めます><。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック