マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
第45代アメリカ大統領にトランプ氏確定!
今日は書類を作成する傍ら、ネットでニュースを確認していた。
言うまでもなく全世界的に注目を集めていたアメリカ大統領選挙。
投票日直前にはヒラリー氏有利と言われていた。
トランプ氏のセクハラ発言が発覚した後、ヒラリー氏のメール問題に関してFBIが捜査を打ち切った。
どう見てもヒラリー氏有利の流れだったと思うのだが…。

本日の15時30分頃だったと思う。
トランプ氏当確、のニュースが入ったのは。
APだったかFOXだったか。
正直たまげた。

トランプ氏は「メキシコとの国境に壁を作る」(ヒスパニック系不法移民をシャットアウト)、「ムスリムの入国禁止」(テロ防止?)などの過激な政策を掲げ、共和党内からも反発を受けていた。
正直↑の二つに関しては立法するのは無理筋だろうと思うのだが…。

これに関して↓のようなニュースもあった。

2016.11.9 13:37
【速報・米大統領選投開票】
カナダの移民情報サイトがダウン 「トランプ大統領」見越して移民希望者殺到か


以下引用。

ニュースサイト「RT」(本拠・モスクワ)は9日、カナダの移民局の情報提供サイトが閲覧不能になったと報じた。多数の利用者がサイトに殺到したためとみられる。

 8日に投開票されている米大統領選で、共和党候補のドナルド・トランプ氏が優勢との報道を受け、カナダへの移民を考える利用者がいっせいに閲覧しようとした可能性がある。

 大統領選をめぐって、米国民の間では、移民排斥や女性差別といった暴言を繰り返してきたトランプ氏に反発し、「トランプ大統領の誕生なら、カナダへの移住を考える」などとする声も聞かれていた。(ワシントン支局)

【2016米大統領選】特集へ


不法移民?がトランプ氏の政策を怖れてカナダへの移民を考えているということだろうか。
正規の移民なら、怖れる必要は無いもんなぁ。

日本にとっても他人事ではなく、日米安保やTPPが今後どうなるのやら。
在日米軍の維持費用負担を増額させるとも言っていた。
在外米軍の負担、一番きちんとやっているのは日本なんだが…。
日本の安全保障は日本が独自でやるべきなのは当然の話で、在日米軍が撤退するというなら私的には歓迎だが日本が軍隊をもてない国にしたのもアメリカなので少し猶予は欲しい。

すぐに撤回したと思うが、日本の核保有を容認、みたいな発言もしていたな、確か。
核保有国であり明確に日本を敵視している隣国が三つもあるのだから、これは考える余地がある。
いずれも憲法改正などの手続きが必要になるよな~。

とか色々思うわけだが…。

トランプ氏、それほど無茶はしないのではないか?と少し楽観視もしている。
ヒラリー氏なら既定路線でオバマ政権の後継としての外交となっただろう。
トランプ氏の政策は…既定路線から外れすぎていて実現困難であることにすぐに気付くと思うのだ。
トランプ氏自身が。
政治家としての経歴を持たないトランプ氏に米国民は期待したのだろうが、トランプ氏がぶち上げた公約は空手形になりそうな気がする。
あまりに非現実的…と私は思うのだ。
オバマ大統領も就任当時は親中反日だと言われていたが(アメリカの民主党は伝統的にそう)、結局は中国を警戒し日米同盟を強化する方向に転換した。

イギリスのEU離脱国民投票の時も思ったけれど、先進各国で保守系が強くなっているのは確実なようだ。
フランスでも保守系政党が躍進している。
グローバリズム=善、ナショナリズム=悪は通用しなくなっている。

下世話に言えば、自分の尻に火が付けば他人のことなど構ってられないということだと思うけど。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック