マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
鬼ごっこのヴァリエーション
今日子供達が鬼ごっこのヴァリエーションで遊んでいたので一応記録。
私はこの鬼ごっこを知らなかった。

鬼を決めた後、少し離れた所にいる鬼以外のメンバーが「♪鬼さん鬼さん、色はな~に?」と問いかけると鬼が「○○色」と答える。
それと同時に鬼ごっこは開始。
鬼が指定した色のものに触れている間は、鬼はタッチできない。
またはタッチされても鬼にはならない、というルールのようだ。
鬼にタッチされる前に全員がその色のものに触れると仕切り直し。
それ以前に鬼にタッチされた人がいると、鬼が交代となるようだ。

鬼によってはちょっと意地悪な色の名前を言ったりもする。
シルバー、とか黄土色とか。
「シルバーって何色?」「黄土色って?」と訊かれたりもする。
シルバーはともかく黄土色…「明るい茶色」としか咄嗟に出てこなかった。
と、鬼ごっこに参加してなかった上級生の一人が「○○先生(私)の上着の色」と言ったので、子供達が鈴なりになった(汗)。

4~5人で遊んでいたのだが、一人だけ男子でその他は女子生徒だった。
男子生徒が鬼の時、いつも同じ女の子を追いかけ回していたのが印象的だった。
同じ年のはずだが、その女子生徒は一番小柄で確かに追いかけやすいようにも思える。
男子生徒もそのメンバーの中では大柄な方ではなかったし。
がその女の子、こんな事をいっちゃーなんだが実はそのメンバーの女の子のなかではずば抜けて可愛いんだよな…。
容姿が。
以前このブログにも書いたと思うが、プティアンジェなイメージな女子である(笑)。
一人で下校させず、必ず親御さんが迎えに来るのも誘拐とかを警戒しているのかも知れない。
最近は暗くなるのも早いし。

あの男子生徒はその子の事が好きだから追いかけたりしてんのかな~、とかぼんやり考えていた(笑)。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック