マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
鉛筆でスケッチすること
以前も書いたと思うが学童保育の仕事の関係で、小学校で行われるカルチャースクールのようなものに参加している。
強制というわけでもないみたいなのだが、一応全員参加が前提。
少し様子がわかったので書いてしまうが、どうやらサクラとして参加して欲しいようだ(笑)。
前回が7月で三ヶ月ぶりに開講された。
…が、私はすっかりその日時を忘れてしまっていた(汗)。

結局欠席してしまったのだが、同じクラス(絵画)の指導員の先輩に次回は誘うから、と言われてしまった。
…実は私申込書も提出してないんだが(基本無料ではある/汗)。
で、今回は水彩の下書き、次回は彩色となるのであらかじめ下書きしておいたらどうか?と奨められた。
今回は学内にある樹齢百年以上の一本の木と背景がモチーフ。
とはいえ、学校やってる間にそこでスケッチするわけにはいかない。
写真撮ってきて描いたらいいじゃない?と、簡単に言われてしまったが…
やむなくそうすることにした。

日曜日は当然学校は休みだし、学童保育もお休み。
外出の帰り道に学校の傍を通ってみたら、校庭でサッカー部が練習していた。
校門も開いていたので名札を付けて(汗)構内に入る。
母校だし門をくぐるのにそれほど抵抗はないが、一応関係者以外立ち入り禁止の札は立っている。
指導員の名札を付けておいた方が無難だと思った。
携帯のカメラでアングルをかえて何枚か写真を撮る。

今日、画材と紙を買いに出掛ける。
百均ショップに(笑)。
画材は学校に共用の物が準備されてはいるのだが、遠慮しながら使うのもイヤだったからだ。
とはいえ今さら水彩画を本気でやるつもりもない。
あくまで「お付き合い」の教室なので100均でいいだろうと思った。
筆4本セットとパレット、12色絵の具、それらを入れるポーチ、画用紙数枚でしめて540円。
筆洗は…バケツ型のものがあったが荷物にもなるのでこれは学校で借りる予定(汗)。

鉛筆だけはこだわりたかったので、ユニの4Bを近所の文具屋で購入。
ついでにダーマトグラフも購入した。
本当は水性が欲しかったんだが、専門の画材屋(これも近所にある)で購入すると高そうだったので、文具屋にあった油性を買った。
ダーマトグラフとは…一言で言えば紙巻き鉛筆(またはクレヨン)。
以前も少し書いたが、私は照明によっては自分の描いた鉛筆の線がよく見えないことがある。
4Bでスケッチしてそれでも線が見えないならダーマトグラフを使うつもりだったのだ。
こっちの方が線が濃くて太いので(笑)。

さっき調べてみたらダーマトグラフとは元々ギリシャ語で皮膚に描けるペンほどの意味らしい。
現在ダーマトグラフはその用途で作られていないようだが。
あくまで画材を指すようだ。
化粧する際に眉を描いたりする奴が本来のダーマトグラフなんだろう。
そういえば紙巻き型の奴を見たことがある。

で、家に帰ってお絵かき(汗)。
パソコンディスプレイに画像を出して、パソコンデスクの上に八つ切り画用紙…はみ出す(笑)。
カルトンは今持ってないので(大学では使ってたが)スケッチブックを下敷きにして何とか描いた。
同じ絵画教室に行っている先輩指導員によれば、二つの消失点のある絵を描くことが今回の目的であるようだ。
…あくまで話を聞いた推測なのだが。
その方は消失点という言葉を知らないようだった。
それめんどくさい…と思ったので消失点は一つの絵に(笑)。
我ながらへったくそなスケッチだなぁ…と思いつつ「これでいいや」と思ってしまった。
採点されるわけではないし、前回皆さんの作品を見てたらこんなもんで(対面保つには)十分というラインが見えたので(汗)。

ダーマトグラフ←Amazonリンク。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック