マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
プリンターの買い替え
うーむ。
夕食後猛然と眠くなり、ちょっと横になろう…と思ったら既に日付が変わっていた(汗)。

しばらく前にプリンターを買い替えた。
プリンターヘッドが故障しているようで、黒(キャノンの顔料インク系の黒)だけ線がずれて2重になる。
購入プリンターの選定をしつつだましだまし使っていたのだが…
給紙のトラブルでご臨終した。
紙詰まりを起こした印刷が急ぎだったので急遽姉宅のプリンターを借りて一時的に難をのがれた。
その後うちのような商店には珍しい大型の注文が。
ラベルシールやら商品に添付するしおりやらなんやらかんやら…印刷せねばならない。
その数A4紙で1000枚以上。
さっさと新しいプリンターを購入すればよかったのだが、義兄のプリンターでそれらを印刷。
黒(エプソンプリンターで染料インク)以外は予備のインクを一通り預かってはいたのだが、すぐに黒インクは無くなり(汗)、追加で購入。
約1300円。
高い…
以前のプリンターでは一本100円以下の互換インク使ってたもんね。
数日前には新しいプリンターが届いていたのだが、接続や設定で1時間ぐらいは時間をとられるのでそのまま義兄のプリンターを使い続けた。
結局予備インクに全て差し替え、さらに黒はまたもや「交換してください」表示が(汗)。

今日は(てか昨日だが)台風で学校は休校となり保育の仕事もお休み。
なので新しいプリンターを接続して、最後にのし紙を印刷した。
義兄にはインクの無くなったプリンターをお返しすることになるが、今の店の経営者は姉なので姉が何とかするだろう。
一応お礼は言っておいたが。
現在私は店の従業員ではないが、印刷物は手伝う約束になっている。
姉達に引き継ぎが事実上無理だからだ。
その代わりに公共料金の負担は無しという約束になっているのだった。
適当な公共料金はらって印刷物料金を貰った方がおそらく私的にはお得だが…。
上の姉は「コピペ、なにそれおいしいの?」って人だし、下の姉はやる気がないだろう。
私が作ったデザインや印刷物のテキストを打ち替えるのも…無理だろうな。

購入したプリンターは…前のと同じ機種。
実は同程度の現行機種より高かった。
二倍ぐらい(汗)。
買い置きインクが少しあったことと、手に入る現行機種のインクが格安で手に入らないからである。
一応リサイクルカートリッジや互換インクはあるようではあるが、それでも高い。
てか、一本100円以下のインクが安すぎなのだが(笑)。

古い機種は修理を受けられない可能性もあるし、私が使っている安いインクもいつまでフォローされるか…という不安はあったのだが、インクコストを考えるとこっちの方が絶対お得だと思ったから。
今回の約1000枚の印刷で義兄のプリンターのインクを約10本使い切っている。
つまり13000円ぐらいのコストだ。
これで現行機種と私が今回購入したプリンターとの差額分ぐらいにはなっている。
まー、家庭使用で数日の内に1000枚単位で印刷するなんてことはないだろうから普通は余り気にならないのかも知れないが。

今日プリンターを返して、さらにおしゃかになったプリンターとさらにその前に使用していてまだ捨てていなかったプリンターの処理をついでに義兄に頼んだ。
義兄は産廃処理の資格を持っているので。
で運んだ時に気付いたのだが…
おしゃかのMG6530とMP630を運んだわけだが、MP630の方が重い。
重いってことは筐体がしっかりしている、ということだ。
MG6530は軽くて如何にも安普請な感じだ。
MP630凄く使いやすかったんだよなぁ。
ちなみにMP630は現行機種の三倍ぐらいのお値段で、今回購入したMG6530よりさらに10000円ぐらい高かったので購入を断念したのだった。
流石にインクが購入出来るかどうか不安だったし。
寒い時代だと思わんか?



↑Amazonリンク。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック