マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
PC版「ダンジョンマスター」を久しぶりにインストールしてみた(汗)
基本タイトル通り(笑)。
「ダンジョンマスター」(以下ダンマス)は…二十年ぐらい前だろうか?
スーパーファミコン版でさんざん遊んだゲーム。
10年ぐらい前にフリーのPC版が製作され、その時もインストールしてプレイした。
実は私はこのゲーム、クリアしていない。
激ムズって程ではないと思うのだが…スーファミやってた時にはおそらくなにか別のゲームを始めたか何かが原因だったんじゃないかな。

とても面白いゲームである。
何が面白いかというと自由度が極めて高いのである。
またゲームは常時リアルタイムで処理される。
食事の概念があり、空腹になると徐々にスタミナやヘルス(HP)が減ることになるので、バックパックから食糧を取り出して口アイコンの場所に持って行くことになる。
と、「もぐもぐゴックン」というSEが(笑)。
食事中でもモンスターは襲ってくるし、逆に言えばモンスターと戦闘中でも食事は可能。
HP回復ポーションを戦闘中にバックパックを開いて飲み、それが無くなれば僧侶に空きのフラスコを渡してまたポーションを作ってもらう。
最大4人パーティーだが、プレイヤーは一人なので強力なモンスターとの戦闘は非常に緊迫感がある、ってか忙しい(汗)。
自由度が高いという点では、とにかく何でもかんでも投げることが出来る。
投げることで忍者スキルが上がるので、取りあえず壁に向かって何でも投げてレベルを上げるという手段もある。
これは戦士スキルや僧侶、魔術師スキルでも同様で、剣の素振りをしたり(笑)呪文をとにかく唱えることでスキルレベルは上がっていくのである。
理屈上では低い階層でレベルを最大限に挙げてからダンジョンに挑むのも可能だが…前述の食糧の問題がある。
食糧はダンジョン内に落ちている(鮮度は大丈夫なのか?)が、その数にも限度がある。
ではどうやって食糧を調達するのか?というと…ダンジョンに巣くうモンスターから。
倒すと食糧と成るものがあるのだ!
先日ネットでトラベラーをした後に少しダンマスの話になったのだが、「ダンジョン飯」の元ネタの一つですよね、と友人が語っていた。
「ダンジョン飯」は読もうと思いつつ未だに読んでいないのだが、おそらく間違いなくヒントにはなってるだろうな~。
食糧と成るモンスターで最初に登場するのが「スクリーマー」。
歩くキノコのような奴。
こいつどうやら仲間を呼ぶ性質があるらしく、食糧が足りない時にはいたぶっているとキノコが寄ってくる。

久しぶりにダンマスをやって困った事。
まず呪文を覚えていなかった。
このゲームでは魔法を使う時、シンボルの組み合わせで魔法の強さや効果が変化する。
もちろん、シンボルの意味など覚えていなかったのでネットで調べた(汗)。
またシンボルを入力した後、なぜか魔法が発動されなかった。
シンボル入力欄の横に「←」マークがあって、私はこれをリターンキーまたはエンターキーのような物だと思い込んでそこをクリックしていたのだが、これが間違い(汗)。
入力欄そのものをクリックすれば良かったのだ。
これを学習するまで地下二階に下りていけなかった。
地下二階は真っ暗で魔法のマジック・トーチを使用するか、壁に掛かった松明を使用しないと暗くて殆ど何も見えないのだ。

ダンジョンにはチェストが落ちていることがある。
これの使い方もすっかり忘れていてどうしたものかとついさっきまで悩んでいた(汗)。
チェストを拾い上げバックパックに入れる。
このチェストは内部の収納スペースに複数アイテムを収めることが可能である。
つまり持って歩くことが可能なアイテム数を増やす機能があるはずなのだが、どうやって蓋を開ければいいのか?すっかり忘れていてもてあましていた。
ふと思いついてチェストを目のアイコンに近づけてみると…箱に入っている中身が見えた!
が、それだけ(汗)。
うーん。
壁に投げつけてやろうか?と考えたりもしたが(笑)。
案外悪くないかも知れない。
手に持たせれば箱を開けるコマンドがでるかも!と思い持たせてみたら…
はい、箱の中身を取り出せるモードになりました…

というわけでやっと三階。
のっけから「お前達の運命の扉を選択せよ」みたいなメッセージが壁に刻んである。
そして沢山の鉄格子の扉が。
どういう部屋だったか?覚えているはずもなく、一番最初に発見した「守護者の部屋」へゴー。
棍棒を持った青トロールさんがお出迎え。
セットしておいたファイアボールと戦士の攻撃でほぼ瞬殺。
と、なにやらまたモンスターが近づいてくる音が…
出てきたのは岩の塊みたいな奴。
こいつそこそこ強かったよな…
と思いつつファイアボールを一発当ててから近接戦。
強い。
てか、戦士死にかけている!
慌てて逃げる。
慌てているので闇雲に。
と後から殴られている!
青トロールがもう一匹出てきた(汗)。
なんとか戦士だけで倒す。
で、戦士に回復ポーションを飲ませ、飲み終わったフラスコを僧侶に渡してポーションをまた作り、また飲ませ作り飲ませ作り…
やがて僧侶のマナが尽きた。
HPはほぼ回復したのでさっきの岩の塊を倒しに行く。
マナが少ないのが不安だが、モンスターもHP回復するはずなので。
なんとか倒した。
が、またもや前列戦士のHPが半分ぐらいに減っているのでポーションで回復。
と、回復したはずの戦士のHPがまた減っている!
どうやら毒状態らしい。
キュアポーションを作ろうとしたら…僧侶のマナが足りない!
メインは魔術師の別キャラにも僧侶スキルがある。
こっちはなんとかマナが足りそう…と思ってポーションを作る。
…呪文を間違えた(汗)。

…というところでセーブして現実世界に戻ってきた。
キュアポーション用の呪文をネットで確認するため(笑)。

面白いゲームなので是非ともプレイしてみて下さい!

攻略サイト

ダウンロードサイト
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック