マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
アメリカのガソリンスタンドで心臓が拾得される
米国、ガソリンスタンドで心臓が見つかる(写真) © Fotolia/ Christophe33

米国 2016年09月19日 23:19


以下引用。

米国の警察との法医学者らはこの3週間、オハイオ州の駐車場でビニール袋に入った常態で見つかった心臓の持ち主を探している。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

​ノーウォークのガソリンスタンドで軽食をとろうとした2人の救急医が8月25日に発見したもの。草の上に横たわっている小さなジップロックに気づき、中を見ると、そこには心臓があった。 心臓は科学者らに送られ、現在その所有者の特定が行なわれている。病理学者によれば形や大きさは人間のそれに似ているが、正確な答えを出すためには詳細な調査が必要。動物の心臓、特に豚のそれは、人間の心臓に形状及び大きさが似ているのだ。 「心臓がジップロックに見つかるということはそうない。稀なケースだ」と調査を担当するフルトン軍曹。

先に伝えられたところによると、インドネシア警察が密売人から657体の冷凍アリクイを押収した。



ひょっとしたら死人が出ているかも知れない深刻な事件だが、なんだかツッコミ所が多くて(笑)がこみ上げてくる。

まず「心臓の持ち主を捜している」そうだが、その心臓の持ち主既にご臨終しているだろう事。
人間の心臓であれ、他の動物の心臓であれ。
仮に人間の心臓だとしても、医学標本だとかで合法的な所有者が存在する可能性はあるが…(その場合はジップロックには入れないと思うが)。

「心臓がジップロックに見つかるということはそうない。稀なケースだ」と調査を担当するフルトン軍曹。 って記述もなんだか可笑しい。
偶には発見されることがあるのか??
捜査担当者がフルトン軍曹、ってのもおかしい。
軍が捜査しているみたいだ。
おそらくこれは誤訳で、軍曹ではなくて巡査部長だろう。
軍曹を意味する"sergeant"には巡査部長の意味もある。

一番謎なのは最後の一文。
「関連記事なのか?」と思ってリンクをクリックしてみたが、404エラーとなる。

おそらくこのサイトでは別記事をこのような形で紹介するのだろう…
冷凍アリクイのことが凄く気になるんだが(汗)。

高橋葉介の「ライヤー教授の午後」に教授が拾った心臓を育てる、って話があったなぁ(笑)。



↑Amazonリンク。
関連記事

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック