マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
人vsクマ
↓のような事件が。

ツキノワグマを目潰しで撃退! 63歳“沖縄空手五段”が死闘を語る

以下抜粋引用。

 熊と空手と言えば、思い出すのは“熊殺し”ウィリー・ウィリアムス。巨大なヒグマと格闘してみせた映画は、伝説となる一方、常に“ヤラセ”疑惑が付きまとっているが、以下は正真正銘、熊を空手で撃退した人物だ。63歳「沖縄空手」五段の目潰し対戦記である。

 ***

 群馬県長野原町は、軽井沢の北、草津温泉の南に位置し、建設を巡って揉めた「八ッ場(やんば)ダム」予定地を抱える山間地域である。

 その最西部にある自宅で、

「テレビじゃ熊に遭ったら、後ろを向かずに静かに下がって逃げろと言っているな。でも、そんなの無理だ!」

 と口角泡を飛ばして語るのは青木篤さん(63)。農業を営む青木さんは、若い頃、農協に勤める一方、ある“特技”を持ち、それを人に教える立場でもあった。

 その青木さんが死の淵を見たのは9月1日。昼過ぎ、自宅から車で5分とかからない地蔵川に渓流釣りに出かけた青木さん。沢に入り、ポイント目がけて釣り糸を投げた。少し待てば、イワナやヤマメが釣り針を叩く。いつもの日常の一コマだ。

 その時、である。

■ヌルッという感触

「ウォー」

 わずか5メートルほど先の藪の中から顔を上げた黒い塊は、目が合うや仁王立ちとなって咆哮を上げ、前足を地面につけると、あっという間に飛びかかってきたという。

 青木さんが続ける。

「たまたまそこで寝てたのを、沢へ入る音で起こしてしまったんだろ。180~190センチはあったと思うね。ヤバいと思って慌てて川べりに上がったけど、奴はボクの顔くらいに口を開けて飛びかかってきた。身体をかわそうとしたけど、跳ね飛ばされてしまい、よろめいた隙に長靴の上からふくらはぎの下をガブッと噛まれてね。牙が食い込んだのがわかったけど、無理やり足を引き剥がしたんだ」
以下略。

銃を持たずにクマを撃退した、という話は時々聞くけれども、体術だけでクマに手傷を負わせて追い払うというのはあまり例がないような(汗)。
しかも目つぶし。
試合などでは絶対に使えない技だと思うが、今でもこの青木さんが存命であられるのはこの技を修得していた故であろうし、人間何が役に立つかわからないものだ。
生命の危機に対して咄嗟にからだが反応したというのも、空手のおかげなんだろう。
私ならすくみ上がって身体が動かなくなりそうだ><。

青木さんが嘘を吐いているとは思わないが、180~190cmってツキノワグマにしては少々大きすぎるような気もする。
近所の動物園にいるツキノワグマは160cmぐらいだがなぁ。
大きさを誤認したってことはあるかもしれないし、そうであってもせめられるような状態ではない。

冒頭にウィリー・ウィリアムスのクマとの対決が紹介されているが、あれクマが殆ど動かない。
殆どサンドバッグ状態で、素人目にも嘘くさく見える。



なんか薬でも飲まされてるのでは?って感じなんだよなぁ。
青木さんが助かったのは本当に喜ばしいことだが、このニュースのクマもちょっぴり可哀想ではある。
関連記事

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック