マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
缶バッジのサンプルを作っていた(汗)
例の学童保育の仕事で、缶バッジ作りを生徒達にやらせた。
夏休みの一つのイベントとしてだ。
興味を持って熱心に取り組む生徒もいればおざなりに済ませる生徒もいる。
あるいは全く興味を示さない生徒も。

私の印象では大概女の子は興味を抱くようなのだが、男の子はあまり関心がないようだ。
缶バッジとはいえ身を飾る物だから?だろうか??
創作そのものへの関心のようにも思える。
缶バッジ以外でも女の子はリリアンとかやってたものなぁ(未だにリリアンあるんだ、とびっくりした)。
輪ゴムを編んで作るブレスレットみたいのもやっていた(私は名前をよく知らない)。
ミサンガ作りは野球とかサッカーをやっている男子もやっていたが、結局手慣れた高専生に作ってもらったりしていた。

で、缶バッジ作り。
実は「夏休みに生徒にどんなことをさせたか?」みたいな報告会があるようだ。
で他の教員に見せるため、缶バッジのサンプルが必要なのだそうだが、生徒が作ったバッジは生徒が各自持ち帰っているので当然手元に無い。
…というわけでそれっぽいサンプルを作ってくれないか?と責任者に頼まれたのだ(笑)。

上述の通り、まったく関心の無い生徒もいたりしてパーツはその分余裕があった。
なのでその範囲で家で作ってきましょう、ということに。

猫の顔描いてた子がいたよな、と思いつつ鉛筆で下書きしてみたりする。
というか手元に0.5mmHBのシャーペンしかなかったのでそれを使用したのだが…
私には線が細く薄すぎて、自分で描いた線がよく見えない(汗)。
結局1.2mmのボールペンで下書き無しで直接描いた。
猫のアップ、絵日記風の夏の思い出、女の子の自画像風、野球の道具を描いて"I love baseball"…
4つぐらいあればいいか、と思って適当にマーカーで色づけ。
しめて30分ぐらい。

少し困ったのは女の子のイラスト。
架空のキャラなので架空の名前をローマ字で入れるつもりで余白を空けておいたのだが、いざ名前を書こうとして躊躇してしまった。
最初は"KAZUKO"と入れるつもりだった。
どこにでもいそうな日本人の名前だし、現在のクラスにはその名前の女子生徒はいない。
が、もし過去にあるいは未来に"KAZUKO"という名前の女子生徒が存在することになったら、妙に誤解を受けたりしないだろうか。
その缶バッジがその後どのように扱われるのかわからないが(私の手元に戻ってくるのかどうかもよくわからない)。
なので、イニシャルだけ入れる事にした。
"○.●"と。
これは私のイニシャルだし、問題無いだろう(笑)。

妙な事件が多いので気を遣うってこともある。
男子生徒がふざけ合っている時などは(ケンカごっことでもいうのか?)、やめさせるために腕を羽交い締めにして引きはがしたりはできるが、女子生徒に触れる事は流石に躊躇する。
取っ組み合いのケンカとかはしないが、移動時にのろのろ歩いていたりする時、男子生徒だと「早く歩く!他の人待たせてるぞ」と肩を押したりできるのだが。
女子生徒にそれをしたら、親御さんから何を言われるやら。
まぁ、他の指導員がみな女性なので女子生徒に関しては任せているところもある。
が、なかにはあえて私にスキンシップしたがる女子生徒もいるんだよな(汗)。
その生徒に関しては、家庭的に色々複雑だったりもするようなのだが…。
先輩女性指導員にもその話は勿論していて、「ちょっと将来が心配」みたいな話にもなっている。

やはり長く続ける仕事じゃない気がしてきた…。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック