マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
公立図書館で官能小説朗読会!
久しぶりに本の話題。

図書館で官能小説の朗読会 女性館長「ため息や擬音も」
永持裕紀2016年8月27日08時00分


以下引用。

 岐阜県飛驒市図書館(同市古川町本町)で27日、朗読会「官能小説朗読ライブ」が開かれる。月替わりで続けている「おとなの時間」企画の一環で、エロチックな描写がある短編小説を、3人の女性が1編ずつ朗読する。

 読み手は西倉幸子館長、図書館司書の堀夏美さん、村田萌さん。「エロチックな感情はだれもが共感できるもの。それを作家はどんな風に言葉で表現したか、聞き手の皆さんに楽しんでいただければ」と、企画した堀さんは話す。

 朗読する作品名は「来るまでのお楽しみ」とマル秘だが、すべて同館所蔵のもの。言葉がかき立てる想像力を実感してもらうことで、文章表現や本の世界にもっと親しんでもらいたいという思いを込める。

 企画は昨年思いついたが、読み手が見つからなかったため、西倉館長が「私たちでやろう」と決めた。「ため息や擬音語なども、恥ずかしがらず、ちゃんと読む」が3人の決意だ。市教育委員会の了承を得ており、都竹淳也市長も聞き手として参加する予定。

 27日午後8時から午後9時半まで。入場無料。(永持裕紀)


正直私は官能小説なるものをまともに読んだことがないのだが・・・
タイトルは来るまでのお楽しみ、だそうだが一体どんな作品が朗読されるのだろう?
ただエロティックな描写があるだけでは官能小説とは言わないはずだ。
少なくともそれがメインのテーマでなければ。

溜息や擬音も朗読するそうだが、それに意味があるのかな?
音声として読み上げることで、かえって言葉のかき立てる想像力が萎縮してしまうのでは?とか思ったり。
実験的な試みのようだしやってみても良いとは思うが…
なんか主旨に共感出来ないんだよな~。
タブーに触れるとは思わないが、企画にあざとさというかこざかしさを感じてしまう。

そーいえば学童保育の施設に「火の鳥」全巻が置かれているということは以前書いた。
「要らないマンガがあったらよかったら持ってきて下さい」と言われていたので、先日二冊だけ持って行った。
藤子・F・不二雄のSF短編集を(笑)。
私は全集を持っていて、収録作品が被っているので。

収録作品は以下の通り(Amazonより引用)。

気楽に殺ろうよ
▼第1話/ミラクルマン▼第2話/大予言▼第3話/老雄大いに語る▼第4話/光陰▼第5話/幸運児▼第6話/やすらぎの館▼第7話/定年退食▼第8話/サンプルAとB▼第9話/休日のガンマン▼第10話/分岐点▼第11話/換身▼第12話/気楽に殺ろうよ▼第13話/ウルトラ・スーパー・デラックスマン

箱船はいっぱい
▼第1話/箱舟はいっぱい▼第2話/権敷無妾付き▼第3話/イヤなイヤなイヤな奴▼第4話/どことなくなんとなく▼第5話/カンビュセスの籤(くじ)▼第6話/俺と俺と俺▼第7話/ノスタル爺(じい)▼第8話/タイムマシンを作ろう▼第9話/タイムカメラ▼第10話/あのバカは荒野をめざす▼第11話/ミニチュア製造カメラ▼第12話/クレオパトラだぞ

何故これを持って行こう、と思ったかというと私が藤子FのSF短編に触れたのがやはり小学生の中~高学年で結構ショックを受けた記憶があるから。
「流血鬼」だった。
主人公の少年が吸血鬼の心臓に杭を刺し、血まみれになる場面から始まるのだが、ドラえもんを書いている同じ作者の絵柄であることがまずショックだった(汗)。
藤子Fにこんな一面があるとは知らなかったし、SFとしても良くできた作品である事に後に気付いた。
…この作品自体は「地球最後の男」のパロディというかオマージュだったのだけど。

短編集のタイトル作品もだが、「ウルトラスーパーデラックスマン」や「カンビュセスの籤」が収録されているのが嬉しい作品集。
あぁ、「ノスタル爺」や「定年退食」も。
子供達がどんな反応を示すか楽しみなのだが、持って行った日には誰も手にとってなかったな(汗)。

ちなみに勿論責任者に許可を得て本棚に置いた。
「『殺ろうよ』がちょっと気になりますが…」と言われたのだが、「価値観が転倒した世界の物語で、SFですから」といったら「SFってそういうものよね」で通ってしまった(笑)。
本棚に一冊だけ星新一の短編集が置いてあるのも、どうやらその責任者の趣味で購入されたもののようだ。
「火の鳥」も。
「火の鳥」は内容もご存じのようだった。
…だったら藤子Fの短編集も問題無いよな、うん^^。





↑Amazonリンク。
関連記事

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック