マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
小学生相手のトランプゲーム
例の学童保育の仕事。

夏休みな事もあって生徒の数が増加。
それに従って臨時の職員も増えている…てかそもそも私もその臨時に申し込んだわけだが。
ベテランの人もいれば学生のアルバイトもいる。
現在、私の受け持ちクラスでは、19歳の高専生が二人と22歳の大学生が一人。
いずれも女性だ。
若い女性の指導員というのはやはり人気がある。
男子にも女子にも。
生徒達に「一緒に遊ぼう」と誘われることも多いようで、よくトランプゲームなどをやっている。
神経衰弱とか、ババ抜きとかの基本的なものを。

私は最初にこの仕事を始めた時に、生徒達に誘われ一緒に遊んでいたらちょっとしたトラブルがあって、その時「マッドハッター先生、生徒と遊ぶんじゃなくて、(トラブルが起こらないように)見ていて下さい」と先輩指導員に言われた。
なので、それ以来一緒に遊ぶことは基本辞めてしまった。
ゲームのルールを教えたり、審判的なことをすることはあるが。
で、以前書いたオリジナルの野球ゲーム以外、所謂普通のトランプゲームで生徒達と遊んだことはない。

最近↑に書いた大学生の指導員が「大富豪」を生徒達に教えたらしく、結構みんなやりたがる。
ハウスルールの多い、それだけ普遍性のあるゲームだがルールはどんな感じでやっているのかな?と様子を見ていると、ほぼ私の知っているルールであった。
今日は丁度その大学生がおらず、生徒達だけで大富豪を始めようとしている。
が、初めての大富豪な生徒もいるようでルールの理解に戸惑っているようだった。
というか説明が要領を得ていない。
なので私が説明した。
一通り説明した後、初めての大富豪の生徒の後で「次はこれ出して」てな具合で私がアドバイスしていたら勝ってしまった。
「先生がついてたらずるい」というので、「いや、まだルールよくわかってなかったみたいだから」と釈明。
「こっちの(別の)子の方がわかってない」というので今度はそっちでアドバイスしてたら、やはり勝ってしまった…。
というわけで、その後はルールの審判役に徹した。
プレイしているのを見ていると、まだ勝ち方のセオリーがわかっていない。
他プレイヤーの手札に、あと切り札が何枚残っているか?にも考え及ばないようだ(汗)。
まー、こんなものかも知れない。

その後、「豚の尻尾」をプレイするという。
「先生、ルールを説明して」と言われたが…
「豚の尻尾」と呼ばれるトランプゲーム、実は私は二つ知っている。
どっちだろう?と思っていたら生徒達が勝手に始めた。
所謂簡単な方。
全てのカードを裏向きにして、一枚ずつ引いていき同じスートが出たら場に出た全てのカードを手札にしなければならない。
手札のある人は場からカードを引く代わりに手札を使用しても良い。
裏にしたカードが全て無くなった時点で手札が一番少ない人が勝ち、というルールだ。

わたしが最初に連想した「豚の尻尾」とは…
別名「うすのろ」とも呼ばれるゲーム。
元々「うすのろ」と呼ばれたゲームが、別ゲームである「豚の尻尾」という名前に置換されたのだと思う。
このゲームのかけ声「うすのろばかまぬけ」があまり良い言葉ではないから。

プレイ人数×4枚のトランプを使用する。
使用するトランプは全て同じ数字の4枚組である。
例えば4人でプレイするなら、A~4迄のカード全てで16枚となる。

ゲームの目的は自分の手札四枚をいち早く同じ数字四枚にすること。
カードの交換は「豚の尻尾!」のかけ声とともに、手札から一枚不要なカードを右隣の人の前に置くことで行われる。
左隣からきた新たなカードが手札に加わり、それが四枚同じ数字になれば勝ちである。
が、ゲームの性質上同時に勝利条件を満たすプレイヤーが現れる場合もありうる。
なのでこのゲームではカード以外にもう一つ小道具を必要とする。
なんでもいいのだが…例えば消しゴムとかペットボトルの蓋とか。
手軽に片手で手に取れるものだ。
同時にカードがそろった場合は、場に置かれたそれを先に手にした方が勝ちとなる。

なかなか盛り上がるゲームなのだが、少々騒がしくなることが難点で…
紹介したものかどうか迷っている。

私が知っている小学生向きのトランプゲームってあまりないんだよな(汗)。
ジンラミーなら出来るかな、とか思わなくもないが、得点計算とかがなぁ。
チップを使うとギャンブルみたいに思われるかも知れないし。
「51」ぐらいなら出来るかな?
今度松田道弘氏の本でも読み返しておこう。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


コメント
草場純氏の「41」はどうでしょうか。
http://bb13.dreamlog.jp/archives/6580363.html
ちょっと複雑かな?

「夢中になる!トランプの本」は数年前に今は亡き阿倍野のユーゴー書店で買いましたが、なかなかいい書籍でした(笑)
2016/08/19(金) 00:17:13 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 草場純氏の「41」はどうでしょうか。
> http://bb13.dreamlog.jp/archives/6580363.html
> ちょっと複雑かな?
>
> 「夢中になる!トランプの本」は数年前に今は亡き阿倍野のユーゴー書店で買いましたが、なかなかいい書籍でした(笑)

リンク先読みました。
面白そうですが…やはり現在私が受け持っている小学生には無理かと(汗)。

彼らの知らないルールのゲームを提案しても、ほぼ却下されるので○ディールで得点を加算する、ってだけでほぼ受け入れられないかと。
上記の豚の尻尾でさえ本日却下されてしまいました。

現在興味深い環境にいることは自覚しているので、ゲームに関しては色々試してみようとは思っています^^。
2016/08/19(金) 21:42:13 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック