マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
メガトラベラーシナリオ1記録04 戦友の遺産
メガトラベラーシナリオ1記録03 戦友の遺産の続き。
ちなみに前回のエントリーのサブタイトルは↑のように変えた。
セクハラなんとかは終わったので(汗)。

ジョシュウとピッパをバーに残し、ユージーンはシャーロットとの待ち合わせ場所へ。
ショッピングモールのフードコートは新年のお祭りのこともあり人でごった返していた。
ユージーンは人混みの中に黒と金色に髪を染め分けたチンピラを見かけたような気がしたが、すぐに見失ってしまう。
約束の席でシャーロットと合流する。
新年から彼女はアルバイトだったようなのだが、ストーカーされているような気がして家に帰るのをためらい、人混みに紛れたようだ。
年末部屋の鍵をピッキングされた形跡もあったらしく、それ以来スケッチブックを持ち歩くようにしていたようだ。
ユージーンが改めて見るが、これといっておかしな点はない。
シャーロットをアパートまで送っていくことにする。

シャーロットがアパートの部屋に入ったことを確認したユージーンは、近所の物陰に潜む。
5分もすると例のチンピラが現れた。
ユージーンに気付いたチンピラがすかさず懐に手を突っ込むが、その前にユージーンの拳がみぞおちを捉えていた。
一撃で昏倒する。
IDカードぐらいで、男は特にこれといったものは所持していない。
電話でシャーロットに連絡。
警察に連絡するかどうか迷っていたところで(以前もまともに取り合って貰えなかった)、スケッチブックのディスプレイに「メッセージ」の文字が浮かぶ。
タップすると、ロウドのビデオレターが再生された。
「シャーロット、これを君が観る時はきっと僕の身に何か起こった後だろう。君にも多大な迷惑を掛けているかも知れない…」

ロウドにはフォーボールドンにいる研究者の兄がいた。
が、常に研究費の工面にシグハグしている。
そんな折り、ペンネームで応募した絵画が入賞。
副賞としてそれなりのcrを受け取る。
画商の薦めもあり、兄への送金、またシャーロットへの援助のため、ロウドは自分の作品を売ることにした。
しかし、軍の服務規程違反である。
半年ほど前セルグ・マーシー曹長にそのことをかぎつけられ、最初は些細なものだったがやがて大金を口止め料として要求されるようになった。
数度支払うも、彼の要求にはきりがない。
ロウドはマーシー曹長の脅迫の一部始終をビデオに収め、服務規程違反を公にするならばこのビデオも公開する、と告げることで彼の脅迫行為を断ち切った。
問題のビデオのオリジナルデータはこのスケッチブックの隠しフォルダに保存されている。

このビデオは3ヶ月毎にロウド自身がパスワードを書き換えないと、表示されるように設定されている。
もしこのビデオを観たなら…自分の別口座に絵画を販売した報酬が入金されているので兄とシャーロットとで使って欲しい、との彼の言わば遺言が残されていた。
口座のカードはシャーロットのアパートの冷蔵庫の裏に隠されていた。

シャーロットはストーカー事件を警察に届けることを望み、チンピラも連行され事情聴取も受ける。
防犯カメラ映像なども過去半年間にわたり確認され証拠も確保され、1時間後には二人は解放されていた。

翌日ユージーンは陸軍駐屯地の司令スレイマン中佐に面会し事の次第を告げる。
中佐は「殉職した故人を貶めることはしたくない」と語りながらも、マーシー曹長の処分は軍内で適切に行われるだろうと約束する。

シャーロットはやはりロウドの遺産など受け取れない(婚約さえしていない)し、遺産はロウドの兄に渡すべきだと辞退。
自分は学生ですぐに次のセメスターが始まるので、デンツ大尉がカードをフォーボールドンに送って貰えませんか?と依頼。
依頼料としてロウドが彼女に援助してくれていたcr8500を差し出す。
デンツは依頼を受けることにする。

例によって真相だけ決めてあとはアドリブが基本プレイ。
多少出来事の順番が異なっているかも知れないが、概ね↑のような感じで今回は終了。
もう少しだけプレイしたのだが、エピソード的には次のシナリオに移っているので次回に回す。

以下レフリーの感想、というか愚痴というか打ち明け話。

このエントリーの最初の場面でジョシュウとピッパがバーに残った事になっているが、実は前回のプレイの最後で「お開きにしよう」ということで解散していた。
実はレフリーとしてはここは二人に一緒にいて欲しかった。
ユージーン側の行動如何ではここで二人も同じ事件に巻き込める、と思っていたから。
例えばスケッチブックの隠しファイルをコンピューター技能のあるジョシュウが発見するとか、あるいはシャーロットをS型艦にピッパが保護するとか。
結局二人は待ちぼうけくらったが(笑)。

今回はあっさり済ませてしまったが、待ち合わせ場所に行ってみたらシャーロットが誘拐されていて荷物だけが残されている、なんて局面も考えていた。
三人がうまく協力できれば面白いシチュエーションだったと思うのだが…
だがファンタジー世界と異なり、トラベラー世界には公権力や強力な治安組織が存在する(笑)。
人が誘拐されたら、普通警察に通報する、誰でも。
少なくとも文明社会では。
シャーロット誘拐の線で進めて…下手に警察が介入すれば証拠品のスケッチブックは押収されるだろうし、そうなるとユージーンが他のPCと行動を共に出来ない(汗)状況もあり得た。
なのでばっさり切り捨てて、あっさりすませた。
ロウドのメッセージも実はシナリオを考えた初期には設定はなくて、苦し紛れ。
ジョシュウがスケッチブックを調べたとしても必ずしも成功するとは限らないから、時限の謎解きアイテムを仕込むことにしたのだ。

今回メインのシナリオを始める前に、キャラクターをイメージして貰えるようにちょっとした小エピソードを各キャラ毎に配置した。
ピッパ、ジョシュウ、ユージーンの順でキャラを作ったのだが、ピッパとジョシュウはキャラ作成している間に「こんなエピソードできるな」と思いついた。
が、ユージーンに関してはその時は何も思いつかなかったのだった。
おそらく私が軍隊というものをよく知らないから、ということもあると思う。
キャラクターに趣味技能をわざわざ設定して貰ったのも、PCを優遇しているからではなくてレフリーがキャラクターのイメージを把握したかったからだった。

今回ユージーンのキャラクターに一番時間をさいたのは、実はユージーンというキャラが私にはよくわからなかったからでもある。
これはひょっとしたらプレイヤーにとってもそうだったかも知れない。
別に皮肉でも何でもなくて。

ジョシュウとピッパは技能やキャリア、装備品(S型艦)を考えると、仮にS型艦で交易をするという前提であれば互いにメリットのある相棒になれる。
ユージーンの戦闘能力は保安要員としては極めて有用だが、宇宙戦闘では使えないし本格的な海賊船との乗り込み戦闘では…一人では力不足だろう。
ボディーガードという役柄がふさわしい。
そこを強調できれば、と思って色々シナリオパターンを考えていたのだが、大げさになりすぎるものばかりになって(汗)、最終的には↑のような形で収まった。
この線で最初考えたのは単に「亡き恋人の遺品をフォーボールドンのお兄さんに届けて下さい」だけだったんだけど…
これではあっさりし過ぎているかな、と。
一緒に旅をする、という一番の目的をダイレクトに表現しすぎというか(汗)。

トラブルを最低限こんな風に収めなければ、というレフリーの思い。
持ち前の情報だけで、こうしよう!というPCの思い。
…というのがRPGにはある。
レフリーの思いはシナリオの制御、物語の破綻を回避する意味で勿論重要なのだが、ごく稀にダイス目判定、あるいはPC達発案の、レフリーが思いも寄らぬ解決法の提案があったりする。
レフリーというかマスターやっていて一番面白いのは後者の意外性であったりする^^。

自分の考えたプロット通りにセッションが進めば確かに楽なのだが、そういう時にこそ最大面白さを感じるというのはやはりコミュニケーション重視のゲームなんだろうな、と思う。
あるいは偶然の神の手か?
関連記事

コメント
お疲れ様です。
トラベラーキャラクターは基本的に米軍の軍人がベースになっている(宇宙鉱夫や海賊などを除いて)ことと、さらに退役軍人がその後どのような人生を送るのか、ということがありますが、いずれもちょっと日本人にはイメージしづらい部分がある気はします。
任務で死んだりするのは仕方ないですが、軍属なのに「再応募」という契約社員みたいなシステムもちょっと理解しにくいというか…それで帝国への忠誠が保てるのかなあ(^_^;)
「変わりはいくらでもいるんだぞ」って事でしょうか。世知辛いなあ(笑)
マングーストラベラーなどは転職システムだったり、軍人以外のキャラが豊富にあったりするようですね。
2016/08/10(水) 12:43:47 | URL | @2c #SFo5/nok[ 編集 ]
Re: タイトルなし
軍人の再応募に関しては本当にそうですね。
正規軍と言うよりなんだか傭兵みたいで…

年金も日本の厚生年金に比較するとかなり安いですし、アメリカではこんなもんなんですかねぇ?
国民皆保険制度もアメリカではないようですし…トラベラー世界でもそれを反映してか医療費が高い(汗)。

今回のシナリオでロウド伍長が2000crの援助をシャーロットに行えるだけ給与を貰っていたのか?という話がありましたが…
実は今調べたのですが、↓のようなサイトがありました。

http://matome.naver.jp/odai/2141353715791369201

少尉で最大4500$=crぐらいの給与だと…下士官ではやはり無理でしょうね~。
でも大卒または士官学校卒のぺーぺー少尉でも2900$程度の月給が貰えるなら、わりと高給ではあるのかな~と思いました。
代わりに戦闘という危険があるわけですが(汗)。
2016/08/10(水) 22:56:58 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック